電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 10:45
Skip Graphにおける範囲を持つ属性をキーとしたコンテンツ共有手法の提案
赤崎英之加藤貴司ベッド バハドゥール ビスタ高田豊雄澤本 潤岩手県立大NS2009-153
抄録 (和) 近年,コンテンツ共有の分野でP2Pネットワークが活用されている.P2Pネットワークは検索クエリの転送方式によって非構造型と構造型の二つに大別され,構造型P2Pネットワークはネットワーク全体を効率良く検索できスケーラビリティが高いなどの利点があるが,完全一致検索や範囲検索以外の複雑な検索クエリの扱いが困難であるという問題がある.そこで本稿では構造型のP2Pネットワーク上で範囲を持つ属性をキーとしてコンテンツを共有し,区間検索に対応させるための手法を提案する.提案ではSkipGraphと呼ばれる構造型のP2Pネットワークを用い,各物理ホストは一つのコンテンツにつき二つのピアとしてネットワークに参加する.そして区間内のピアに自身の存在を通知することで区間検索を可能とする.また,区間内の一部のピアにのみ通知を行うことで通知によるコストを削減する.さらに,シミュレーションによる評価によって,ネットワーク上のピアの離脱が発生する環境で検索条件に一致するコンテンツのうち,検索結果として得られるコンテンツの割合を示す. 
(英) In recent years, P2P networks are utilized in the field of the contents sharing.According to the transfer method of the search query, P2P networks are roughly classified into non-structured and structured type.
The structured type P2P network can search whole network efficiently and has advantages of scalability and so on. However, the difficulty of handling complex searches other than the exact match and range searches is a problem. In this paper, we propose a method that supports section search in structured type P2P network by sharing content with a range attribute as a key. In our proposal, using the structured P2P network called SkipGraph, a physical host participates in the network as two peers for each content. Then by notifying owns existence to peers in the section, it is possible to perform the section search. In addition, the cost incurred by notification can be reduced by notifying only some peers in the section. Furthermore, we perform evaluation by the simulation and show a rate of the number of search results of contents in the environment where the secession of peer on network.
キーワード (和) P2Pネットワーク / コンテンツ共有 / SkipGraph / 区間検索 / / / /  
(英) P2P Network / Content Sharing / SkipGraph / Section Search / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 398, NS2009-153, pp. 65-70, 2010年1月.
資料番号 NS2009-153 
発行日 2010-01-21 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2009-153

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 福岡システムLSI総合開発センター 
開催地(英) Fukuoka Institute of System LSI Design Industry (Fukuoka) 
テーマ(和) ネットワークソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ、ミドルウエア)、NWアプリケーション、SOA/SDP、NGN/IMS/API、分散制御・ダイナミックルーチング、グリッド、NW及びシステム信頼性、NW及びシステム評価、一般 
テーマ(英) Network Software, Network Application, SOA/SDP, NGN, IMS, API, Grid 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2010-01-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Skip Graphにおける範囲を持つ属性をキーとしたコンテンツ共有手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Contents Sharing Method Based on Attribute with a Range as a Key in Skip Graph 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2Pネットワーク / P2P Network  
キーワード(2)(和/英) コンテンツ共有 / Content Sharing  
キーワード(3)(和/英) SkipGraph / SkipGraph  
キーワード(4)(和/英) 区間検索 / Section Search  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤崎 英之 / Hideyuki Akasaki / アカサキ ヒデユキ
第1著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 貴司 / Takashi Katoh / カトウ タカシ
第2著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ベッド バハドゥール ビスタ / Bhed Bahadur Bista / ベッド バハドゥール ビスタ
第3著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Prefectural Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 豊雄 / Toyoo Takata / タカタ トヨオ
第4著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Prefectural Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤本 潤 / Jun Sawamoto / サワモト ジュン
第5著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Prefectural Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2009-153 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.398 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会