お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 08:55
円筒プラズマ列による表面波導波路の動的形成
前田 潤内藤皓貴酒井 道京大PN2009-68 OPE2009-206 LQE2009-188 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2009-206 LQE2009-188
抄録 (和) プラズマは、プラズマ周波数以下の周波数の電磁波に対して金属的な性質を示す。我々はそのような周波数帯域で、電磁波がプラズマ列に沿って伝搬する現象を解析的および実験的に確認してきた。これは、金属表面の局在表面プラズモンの相互作用に類似した現象である。ここでは、我々が二次元FDTD法を用いてこの現象について解析を行い、電磁波制御デバイスへの応用について検討した結果について述べる。 
(英) Plasmas behave like metals to electromagnetic waves at frequencies below the plasma frequency. We have confirmed electromagnetic waves propagate along plasma arrays at the range of frequency analytically and experimentally. The phenomenon is like the interaction of localized surface plasmons on the surface of metals. Here, we analized the phenomenon with 2D FDTD method and explored several possibilities of plasmas for control devices of electromagnetic waves.
キーワード (和) マイクロプラズマ / 電磁波 / 局在表面プラズモン / 表面波 / FDTD法 / / /  
(英) microplasma / electromagnetic wave / localized surface plasmon / surface wave / FDTD method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, 2010年1月.
資料番号  
発行日 2010-01-21 (PN, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2009-68 OPE2009-206 LQE2009-188 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2009-206 LQE2009-188

研究会情報
研究会 OPE EMT LQE PN IEE-EMT  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 京大桂キャンパス、Bクラスター事務管理棟 、大会議室_A会場、桂ラウンジ_B会場 
開催地(英)  
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス,フォトニック結晶・ファイバとその応用,光集積回路,光導波路素子,光スイッチング,導波路解析,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2010-01-OPE-EMT-LQE-PN-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 円筒プラズマ列による表面波導波路の動的形成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The dynamic formation of surface wave waveguides with cylindrical plasma arrays 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロプラズマ / microplasma  
キーワード(2)(和/英) 電磁波 / electromagnetic wave  
キーワード(3)(和/英) 局在表面プラズモン / localized surface plasmon  
キーワード(4)(和/英) 表面波 / surface wave  
キーワード(5)(和/英) FDTD法 / FDTD method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 潤 / Jun Maeda / マエダ ジュン
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyotu University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内藤 皓貴 / Teruki Naito / ナイトウ テルキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyotu University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 道 / Osamu Sakai / サカイ オサム
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyotu University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 08:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMT 
資料番号 IEICE-PN2009-68,IEICE-OPE2009-206,IEICE-LQE2009-188 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.401(PN), no.402(OPE), no.403(LQE) 
ページ範囲 pp.179-183 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PN-2010-01-21,IEICE-OPE-2010-01-21,IEICE-LQE-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会