お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 17:05
偏光回転光帰還時のVCSEL挙動と微小回転センサへの応用
小田信一郎西尾謙三粟辻安浩裏 升吾京都工繊大PN2009-65 OPE2009-203 LQE2009-185 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2009-203 LQE2009-185
抄録 (和) 駆動電流変化に対して偏光が安定な単一横モードVCSEL を用い,出力光を偏光回転させて帰還させたときの発振応答を測定した.偏光の直交する2 つのモードのパワーが帰還光の偏光回転に大きく依存して変化することを見出した.光帰還率が-20dB 程度以上であれば,そのパワー変化量は1mA 駆動時で80μW 以上と大きく,-25dB 程度以下になると急に小さくなる.得られた特性の回転センサへの応用を検討した.反射光の偏光回転を検出する方式で,インライン型の小型センサを実現できる.動作確認実験を行い,動作原理を実証するとともに課題も明らかにした. 
(英) Lasing behavior of single-transverse-mode VCSEL was investigated when optical-feedback polarization was rotated. The optical powers of two polarization modes of VCSEL varied sinusoidally according to optical-feedback polarization rotation. The power variation was observed for the optical feedback ratio larger than -20 dB and dropped suddenly when the feedback ratio became smaller than -25dB. We proposed an in-line type rotation sensor utilizing this behavior. The sensor system was constructed and the detection principle was demonstrated.
キーワード (和) 光帰還 / 垂直共振器型面発光レーザ / 偏光回転 / センサ応用 / / / /  
(英) Optical Feedback / Vertical-Cavity Surface-Emitting Laser / Polarization Rotation / Sensor Application / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 403, LQE2009-185, pp. 161-166, 2010年1月.
資料番号 LQE2009-185 
発行日 2010-01-21 (PN, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2009-65 OPE2009-203 LQE2009-185 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2009-203 LQE2009-185

研究会情報
研究会 OPE EMT LQE PN IEE-EMT  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 京大桂キャンパス、Bクラスター事務管理棟 、大会議室_A会場、桂ラウンジ_B会場 
開催地(英)  
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス,フォトニック結晶・ファイバとその応用,光集積回路,光導波路素子,光スイッチング,導波路解析,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2010-01-OPE-EMT-LQE-PN-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 偏光回転光帰還時のVCSEL挙動と微小回転センサへの応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) VCSEL behavior under optical-feedback with polarization rotation and its application to in-line rotation sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光帰還 / Optical Feedback  
キーワード(2)(和/英) 垂直共振器型面発光レーザ / Vertical-Cavity Surface-Emitting Laser  
キーワード(3)(和/英) 偏光回転 / Polarization Rotation  
キーワード(4)(和/英) センサ応用 / Sensor Application  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 信一郎 / Shinichiro Shoda / ショウダ シンイチロウ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 謙三 / Kenzo Nishio / ニシオ ケンゾウ
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 粟辻 安浩 / Yasuhiro Awatsuji / アワツジ ヤスヒロ
第3著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 裏 升吾 / Shogo Ura / ウラ ショウゴ
第4著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-PN2009-65,IEICE-OPE2009-203,IEICE-LQE2009-185 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.401(PN), no.402(OPE), no.403(LQE) 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2010-01-21,IEICE-OPE-2010-01-21,IEICE-LQE-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会