電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-28 15:15
近紫外励起用赤色蛍光体CuAlS2:Mn, Siにおける母体の混晶化による励起特性の改善
大橋計仁鳥取大)・宮本快暢鳥取大/TEDREC)・大観光徳鳥取大)・吉田尚史NECライティングエレソ技報アーカイブへのリンク:EID2009-62
抄録 (和) CuAlS2:Mnは色純度のよい赤色発光を示し、近紫外波長域に強い励起帯を有し、また温度消光が少ないことから、近紫外LEDでの励起に適した赤色蛍光体として期待されている。これまでの研究において、電荷補償及び格子歪みの緩和として働くことが期待されるSiを添加することにより、著しい発光特性の改善が得られている。本研究では、Siと同様の効果が期待されるMgを添加し、更なる励起・発光特性の改善を試みた。Mgの添加により405nm 励起におけるフォトルミネッセンス(PL)強度が増加し、Mg添加濃度10 mol%において最大となった。MgをCuサイトに置換させるとMnはAlサイトを占めやすくなった。電荷補償を考慮した結晶系、すなわち(Cu,Mg)(Al,Si)S2:MnにおいてMgとSiを共に10mol%添加した場合に、Siのみを添加した場合に比べPL強度が約3倍に改善された。 
(英) CuAlS2:Mn shows a pure red luminescence and has a relatively strong excitation band in the near-UV wavelength range. The phosphor also shows a slight temperature quenching, therefore it is expected as a proposing red phosphor for near-UV LED excitation. In this study, it has been found that photoluminescence (PL) intensity is significantly improved by Mg codoping, which is thought to act as both charge compensator for Mn2+ luminescent centers and relaxation of a lattice distortion induced by Mn incorporation into CuAlS2 lattice. Considering a charge compensation system, (Cu,Mg)(Al,Si)S2:Mn is a proper composition, in which about three times higher PL intensity has been obtained under near-UV excitation compared to only Si codoped CuAlS2:Mn.
キーワード (和) CuAlS2:Mn / white LEDs / red phosphor / near-uv excitation / Mg doping / / /  
(英) CuAlS2:Mn / white LEDs / red phosphor / near-uv excitation / Mg doping / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 404, EID2009-62, pp. 61-64, 2010年1月.
資料番号  
発行日 2010-01-21 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2009-62

研究会情報
研究会 ITE-IDY EID IEIJ-SSL IEE-EDD  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 九州大学(筑紫地区) 
開催地(英) Kyusyu Univ. (Chikushi Campus) 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEIJ-SSL 
会議コード 2010-01-IDY-EID-OMD-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近紫外励起用赤色蛍光体CuAlS2:Mn, Siにおける母体の混晶化による励起特性の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement in excitation characteristics by Mg codoping in CuAlS2:Mn, Si red phosphor for near UV exitation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CuAlS2:Mn / CuAlS2:Mn  
キーワード(2)(和/英) white LEDs / white LEDs  
キーワード(3)(和/英) red phosphor / red phosphor  
キーワード(4)(和/英) near-uv excitation / near-uv excitation  
キーワード(5)(和/英) Mg doping / Mg doping  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 計仁 / Kazuhito Ohashi / オオハシ カズヒト
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 快暢 / Yoshinobu Miyamoto / ミヤモト ヨシノブ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学/鳥取大学電子ディスプレイ研究センター (略称: 鳥取大/TEDREC)
Tottori University/TEDREC (略称: Tottori Univ./TEDREC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大観 光徳 / Koutoku Ohmi / オオミ コウトク
第3著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 尚史 / Hisashi Yoshida / ヨシダ ヒサシ
第4著者 所属(和/英) NECライティング (略称: NECライティング)
NEC lighting (略称: NEC lighting)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-28 15:15:00 
発表時間 10 
申込先研究会 IEIJ-SSL 
資料番号 IEICE-EID2009-62 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会