電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-28 11:40
DOI-PETにおける深さ情報を考慮したFORE適用手法の検討
須田千賀子今 達弥萩原直樹田島英朗小尾高史山口雅浩大山永昭東工大MI2009-86
抄録 (和) 深さ方向のγ線検出位置情報(depth-of-interaction,DOI)を取得可能なDOI-PET装置の開発が進められている.DOI-PET装置で得られる投影データ数は膨大であるため,再構成に際して投影データの並びかえ及び圧縮が必要となるが,従来利用されているデータの相関性を利用した方法では,DOI情報を十分に生かすことが難しい.
本発表では,従来3D-PETで利用されている,フーリエリビニング(FORE)法に注目し,DOI層の違いによりリング径に差が生じることを考慮したFORE適用法を提案し,計算機シミュレーションによりその有効性を確認した. 
(英) The new PET system called DOI-PET has been developed now. It can detect the depth information of the detected gamma ray. Because the number of the projection data provided in a DOI-PET is enormous, we have to sort and compress the projection data for the easy reconstruction. However it is difficult to make use of DOI information enough in conventionally-processed. We focused attention on the Fourier Rebinning (FORE) method and propose an application technique for FORE considered Depth-Of-Information. Then we confirmed the effectiveness by computer simulation.
キーワード (和) DOI-PET / FORE / フーリエリビニング / / / / /  
(英) DOI-PET / FORE / Fourier Rebinning / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 407, MI2009-86, pp. 61-66, 2010年1月.
資料番号 MI2009-86 
発行日 2010-01-21 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2009-86

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英) Naha-Bunka-Tenbusu 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) Medical Imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2010-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DOI-PETにおける深さ情報を考慮したFORE適用手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Apprication technique for FORE considered Depth-Information at DOI-PET 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DOI-PET / DOI-PET  
キーワード(2)(和/英) FORE / FORE  
キーワード(3)(和/英) フーリエリビニング / Fourier Rebinning  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 須田 千賀子 / Chikako Suda / スダ チカコ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今 達弥 / Tatsuya Kon / コン タツヤ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩原 直樹 / Naoki Hagiwara / ハギワラ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田島 英朗 / Hideaki Tashima / タシマ ヒデアキ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小尾 高史 / Takashi Obi / オビ タカシ
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 雅浩 / Masahiro Yamaguchi / ヤマグチ マサヒロ
第6著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 大山 永昭 / Nagaaki Ohyama / オオヤマ ナガアキ
第7著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-28 11:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2009-86 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.407 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会