お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-28 10:25
遅延記憶課題の開発と有効パラメータの検討
繁野俊博熊本大)・鈴木修一熊本大/熊本保健科学大)・伊賀崎伴彦林田祐樹村山伸樹橋本 衛本田和揮熊本大MBE2009-78
抄録 (和) 現在,日本における認知症患者は年々増加しており,大きな社会問題となっている.認知症の主な症状の一つである知的能力の低下には,短期記憶の一部であるワーキングメモリが関連していると考えられている.ワーキングメモリの評価には,遅延記憶課題が多く用いられている.今回われわれは,傾きの異なる4種類の楕円を瞬間呈示し,遅延時間経過後に描写させる独自の遅延記憶課題を作成し,若年健常者と高齢健常者に課すことで,遅延記憶課題としての有効性を検証した.この測定データを6種類のパラメータで解析した結果,遅延時間の増加に伴って有意に変動するパラメータを確認することができた.また,軽度認知機能障害患者,アルツハイマー病患者でも測定を行った結果,健常者の値を大きく上回るパラメータが複数確認できた.これらより,今回作成した課題が,遅延記憶課題として有効である可能性が示唆された. 
(英) The dementia patients in Japan increase year by year and become the big social problem. It is thought that the working memory which is a part of the short-term memory is related to a fall of the intellectual ability that is a main symptom of the dementia. A lot of delayed-recall task are used for the usability test of the working memory. We exhibited four kinds of different ovals of the degree of leaning this time at a moment and made an original delayed-recall task to let you draw it after delay line progress and imposed it for an advanced aged healthy person with a youth healthy person and inspected the effectiveness as the delayed-recall task. As a result of having analyzed this measurement data in six kinds of parameters, We were able to confirm increase of the delay line significantly. In addition, it was observed that several parameter values of patients with mild cognitive impairment or Alzheimer’s disease exceeded those of normal subjects. Therefore, it was suggested that the presented method was effective as a delayed-recall task.
キーワード (和) 遅延記憶課題 / 作業記憶 / 認知症 / アルツハイマー病 / 軽度認知機能障害 / / /  
(英) Delayed-recall task / Working memory / Dementia / Alzheimer’s disease / Mild Cognitive Impairment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 406, MBE2009-78, pp. 5-10, 2010年1月.
資料番号 MBE2009-78 
発行日 2010-01-21 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2009-78

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto Univ. 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2010-01-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遅延記憶課題の開発と有効パラメータの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The development of delayed-recall task and the examination of effective parameters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遅延記憶課題 / Delayed-recall task  
キーワード(2)(和/英) 作業記憶 / Working memory  
キーワード(3)(和/英) 認知症 / Dementia  
キーワード(4)(和/英) アルツハイマー病 / Alzheimer’s disease  
キーワード(5)(和/英) 軽度認知機能障害 / Mild Cognitive Impairment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 繁野 俊博 / Toshihiro Shigeno / シゲノ トシヒロ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 修一 / Syuichi Suzuki / スズキ シュウイチ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学/熊本保健科学大学 (略称: 熊本大/熊本保健科学大)
Kumamoto University/Kumamoto Health Science University (略称: Kumamoto Univ./Kumamoto Health Sci Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊賀崎 伴彦 / Tomohiko Igasaki / イガサキ トモヒコ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 林田 祐樹 / Yuki Hayashida / ハヤシダ ユウキ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 伸樹 / Nobuki Murayama / ムラヤマ ノブキ
第5著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 衛 / Mamoru Hashimoto / ハシモト マモル
第6著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 本田 和揮 / Kazuki Honda / ホンダ カズキ
第7著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-28 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2009-78 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会