電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-28 14:15
液相合成n-ZnOナノ結晶/p-ペンタセンヘテロ接合型紫外発光EL素子
河崎勇人竹内久純外山利彦岡本博明阪大EID2009-54 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2009-54
抄録 (和) ワイドギャップ・強励起子結合エネルギー材料であるZnOは,高安定な紫外発光材料であり,蛍光体励起光源としてディスプレイ応用が期待されている.そこで,液相合成法により合成したZnOナノ結晶を発光層に用いたDC駆動薄膜EL素子を作製し,その特性を評価した.素子構造はガラス基板/ITO/発光層/ペンタセン/Alとした.発光層はスクリーン印刷法により形成した.X線回折法による測定から算出したZnOナノ結晶の粒径は8 nmであった.ITO側に正の電圧を印加すると,ZnOの励起子再結合発光である紫外発光(~380 nm)とZnOの酸素欠陥起因のブロードな黄緑色発光(~560 nm)が観測できた.発光開始電圧は約10 Vであった.また,発光層の陰極側にもペンタセン層を形成すると,欠陥起因の黄緑色発光を大幅に抑制することができた. 
(英) We demonstrate DC-driven hybrid EL devices composed of solution-processed n-ZnO nanocrystal (NC) emission layers and p-pentacene hole-transport layers. The structure of the EL device was glass/ITO/emission layer/pentacene/Al. The emission layer consisting of ZnO NCs with a crystal size of 8 nm was prepared by a screen-printing method. When the ITO-electrode was positively biased over 10 V, the EL emission, consisting of sharp ultraviolet (~380 nm) and broad green-yellow (~560 nm) spectral components, was observed. We introduced another pentacene layer at the cathode side, and found that the green-yellow component decreased.
キーワード (和) ナノ結晶 / EL / 液相法 / ZnO / 励起子再結合発光 / スクリーン印刷 / /  
(英) nanocrystal / EL / solution process / ZnO / exciton recombination / screen-printing / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 404, EID2009-54, pp. 29-32, 2010年1月.
資料番号 EID2009-54 
発行日 2010-01-21 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EID2009-54 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2009-54

研究会情報
研究会 ITE-IDY EID IEIJ-SSL IEE-EDD  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 九州大学(筑紫地区) 
開催地(英) Kyusyu Univ. (Chikushi Campus) 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EID 
会議コード 2010-01-IDY-EID-OMD-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 液相合成n-ZnOナノ結晶/p-ペンタセンヘテロ接合型紫外発光EL素子 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Solution-processed n-ZnO nanocrystal/p-pentacene heterojunction EL devices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ナノ結晶 / nanocrystal  
キーワード(2)(和/英) EL / EL  
キーワード(3)(和/英) 液相法 / solution process  
キーワード(4)(和/英) ZnO / ZnO  
キーワード(5)(和/英) 励起子再結合発光 / exciton recombination  
キーワード(6)(和/英) スクリーン印刷 / screen-printing  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河崎 勇人 / Hayato Kawasaki / カワサキ ハヤト
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 久純 / Hisazumi Takeuchi / タケウチ ヒサズミ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 外山 利彦 / Toshihiko Toyama / トヤマ トシヒコ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 博明 / Hiroaki Okamoto / オカモト ヒロアキ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-28 14:15:00 
発表時間
申込先研究会 EID 
資料番号 IEICE-EID2009-54 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会