電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-28 10:00
[奨励講演]道路地図を用いたDTNルーティング手法
岡 啓明己尾根田倫太郎桧垣博章東京電機大NS2009-142
抄録 (和) 車載コンピュータを移動無線ノードとするITS無線マルチホップネットワークでは、ノードが低密度に分布する環境をDTN (Delay Tolerant Network)として扱うことが適切である。前論文では、マルチホップ配送経路を道路地図上で定め、配送経路上のノードのみを中継ノードとして、無線転送と移動によってデータメッセージを送信先ノードへと配送する手法を提案した。ここでは、配送経路外のノードを中継ノードとしないことによってメッセージ到達率を向上し、配送遅延を短縮した。しかし、配送経路に交差点を含み、交差点通過時に適切な隣接ノードが存在しない場合には、データメッセージを保持したノードが配送経路を逸脱することがある。このとき、データメッセージを配送経路へと戻す手法と経路を再探索する手法とを選択的に適用する必要がある。本論文では、経路を逸脱したノードと交差点との距離によって2つの手法を選択する方法を提案し、その性能をシミュレーション実験によって評価する。 
(英) In ITS wireless multihop networks in which vehicular computers are modeled as mobile nodes, if mobile nodes are sparsely distributed, it is better to be treated as DTNs (Delay-Tolerant Networks). Our previous paper proposed a novel routing protocol by which data messages are always transmitted along a sequence of road parts detected by GPS satellite navigation systems. The data messages are forwarded only by vehicular computers on the sequence for achieving higher reachability, shorter transmission delay and less communication overhead. In case that a wireless multihop transmission route includes intersections and there are no appropriate neighbor nodes of a node carrying data messages, the node moves through the intersection and is out of the route. It is required for the node to select whether the data messages are transmitted back to the route or the data messages are transmitted along a newly detected route.
This paper proposes that the distance between the intersection and the mobile node carrying the data messages is applied as criteria to select one of the two methods and evaluates the performance in simulation experiments.
キーワード (和) 車車間通信 / ITS / アドホックネットワーク / / / / /  
(英) Delay-Tolerant Network / ITS / MANET / VANET / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 398, NS2009-142, pp. 1-6, 2010年1月.
資料番号 NS2009-142 
発行日 2010-01-21 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2009-142

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 福岡システムLSI総合開発センター 
開催地(英) Fukuoka Institute of System LSI Design Industry (Fukuoka) 
テーマ(和) ネットワークソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ、ミドルウエア)、NWアプリケーション、SOA/SDP、NGN/IMS/API、分散制御・ダイナミックルーチング、グリッド、NW及びシステム信頼性、NW及びシステム評価、一般 
テーマ(英) Network Software, Network Application, SOA/SDP, NGN, IMS, API, Grid 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2010-01-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 道路地図を用いたDTNルーティング手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wireless Multihop Routing in DTN with Help of Road Maps 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車車間通信 / Delay-Tolerant Network  
キーワード(2)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(3)(和/英) アドホックネットワーク / MANET  
キーワード(4)(和/英) / VANET  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 啓明己 / Hiroaki Oka / オカ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾根田 倫太郎 / Rintarou Oneda / オネダ リンタロウ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 桧垣 博章 / Hiroaki Higaki / ヒガキ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-28 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2009-142 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.398 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会