電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-28 13:20
[チュートリアル招待講演]SIP(Session Initiation Protocol)の基礎概念と応用例 ~ VoIPプロコトル標準化の変遷と今後の展望 ~
千村保文OKINS2009-148
抄録 (和) VoIP(Voice over Internet Protocol)の信号制御プロトコルとして、IP-PBXや次世代ネットワーク(NGN)などで多く使用されているSIP(Session Initiation Protocol)について、標準化の変遷とH.323との違い、基礎的な概念を説明する。また、SIPの応用例について、今後のロードマップを示し、現在の課題を示す。そして、現在検討されているP2P型のSIP利用について、今後の展望を述べる。 
(英) In this paper, we propose a history of standardization and a comparison between H.323 and SIP, a basic concept for SIP(Session Iniation Protocol) that be using IP based PBX and a next generation protocol(NGN) with a signaling protocol in VoIP(Voice over Internet Protocol)
キーワード (和) SIP / VoIP / H.323 / 信号制御プロトコル / P2P / / /  
(英) SIP / VoIP / H.323 / Signaling Protocol / P2P / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 398, NS2009-148, pp. 35-40, 2010年1月.
資料番号 NS2009-148 
発行日 2010-01-21 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2009-148

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 福岡システムLSI総合開発センター 
開催地(英) Fukuoka Institute of System LSI Design Industry (Fukuoka) 
テーマ(和) ネットワークソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ、ミドルウエア)、NWアプリケーション、SOA/SDP、NGN/IMS/API、分散制御・ダイナミックルーチング、グリッド、NW及びシステム信頼性、NW及びシステム評価、一般 
テーマ(英) Network Software, Network Application, SOA/SDP, NGN, IMS, API, Grid 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2010-01-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SIP(Session Initiation Protocol)の基礎概念と応用例 
サブタイトル(和) VoIPプロコトル標準化の変遷と今後の展望 
タイトル(英) A concept and an applications of SIP(Session Initiation Protocol) 
サブタイトル(英) A History and Future Vision of VoIP Protocol Standardization 
キーワード(1)(和/英) SIP / SIP  
キーワード(2)(和/英) VoIP / VoIP  
キーワード(3)(和/英) H.323 / H.323  
キーワード(4)(和/英) 信号制御プロトコル / Signaling Protocol  
キーワード(5)(和/英) P2P / P2P  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 千村 保文 / Yasubumi Chimura / チムラ ヤスブミ
第1著者 所属(和/英) 沖電気工業 (略称: OKI)
OKI Electric Industry Co.,Ltd (略称: OKI Electric Industry Co.,Ltd)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-28 13:20:00 
発表時間 50 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2009-148 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.398 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会