電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-26 15:55
SD数演算を用いた剰余数系-2進数系変換アルゴリズム
姜 長雋魏 書剛群馬大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) SD(Signed-Digit)数演算を剰余数演算に導入することにより、剰余数系における算術演算が高速に行われる。本論文では、SD数を用いた高速の剰余加算演算を用いることにより、$\{2^p-1,2^p+1,2^{2p}+1,2^p\}$を法とした剰余数系―2進数系変換アルゴリズムを提案する。本提案のアルゴリズムに基づいてSD剰余数加算を用いた剰余数系―2進数系変換回路を設計し、その高速性を2進数演算による変換回路との性能比較により明らかにする。 
(英) By introducing a signed-digit(SD) number arithmetic into a residue number system (RNS), arithmetic operations can be performed efficiently. In this paper, an algorithm for residue-to-binary cnoversion with four moduli set $\{2^p-1,2^p+1,2^{2p}+1,2^p\}$ using high-speed SD number
residue additions is proposed. Compared with the conversion circuit using the binary number system by simulation, the residue-to-binary converter with SD number arithmetic circuits based on the proposed algorithm has high performance.
キーワード (和) 剰余数系 / Signed-Digit(SD)数 / 中国人剰余定理 / 混合基数変換 / / / /  
(英) residue number system(RNS) / Signed-Digit(SD) number / Chinese Remainder Theorem(CRT) / Mixed Radix Conversion (MRC) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 393, VLD2009-80, pp. 71-76, 2010年1月.
資料番号 VLD2009-80 
発行日 2010-01-19 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IPSJ-SLDM VLD CPSY RECONF  
開催期間 2010-01-26 - 2010-01-27 
開催地(和) 慶應義塾大学日吉キャンパス 
開催地(英) Keio Univ (Hiyoshi Campus) 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2010-01-SLDM-VLD-CPSY-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SD数演算を用いた剰余数系-2進数系変換アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Residue-Binary Conversion Using Signed-Digit Number Arithmetic 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 剰余数系 / residue number system(RNS)  
キーワード(2)(和/英) Signed-Digit(SD)数 / Signed-Digit(SD) number  
キーワード(3)(和/英) 中国人剰余定理 / Chinese Remainder Theorem(CRT)  
キーワード(4)(和/英) 混合基数変換 / Mixed Radix Conversion (MRC)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 姜 長雋 / Changjun Jiang / キョウ チョウシュン
第1著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 魏 書剛 / Shugang Wei /
第2著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-26 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2009-80,IEICE-CPSY2009-62,IEICE-RECONF2009-65 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.393(VLD), no.394(CPSY), no.395(RECONF) 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2010-01-19,IEICE-CPSY-2010-01-19,IEICE-RECONF-2010-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会