電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-26 13:00
エコー信号の同時生起行列を用いた肝病変の超音波画像情報の解析
田中由紀五十嵐 悠東工大)・山口 匡千葉大)・蜂屋弘之東工大US2009-105
抄録 (和) 現在,B-mode超音波画像を用いた臨床診断は医師の読影技術に依存する部分が多く,超音波エコー信号を用いた定量診断手法の開発が強く望まれている。われわれは,肝炎線維化の定量評価を目的としたエコー信号の解析手法の検討を行っている。本報告では,テクスチャ解析の基となる同時生起行列に注目し,同時生起行列そのものの構造変化と,テクスチャ特徴量であるコントラストについて検討した。肝病変の進行とともに同時生起行列が特徴的な変化を示し,それが画素間距離に強く依存していることがわかった。また,反射信号の振幅確率分布モデルを用いて同時生起行列の変化を説明し,コントラスト情報の変化も定量的に解釈できることが示された。 
(英) Since the clinical diagnosis depends on the skill of the doctor, quantitative diagnosis method using ultrasonic echo signal is strongly required. We have been investigating the quantitative diagnosis technique mainly on hepatic disease. In this paper, we focus on co-occurrence matrix of ultrasound image. We investigated the matrix itself and contrast which is one of the texture feature parameters. We found that the co-occurrence matrix varied with progression of hepatic fibrosis, and the matrix structure highly depends on the distance of the image pixel pair. We also discuss the structure of co-occurrence matrix using the probability density function model, and showed quantitative relation between the contrast and progression of fibrosis.
キーワード (和) 医用超音波 / レイリー分布 / 定量診断 / び慢性肝疾患 / 肝炎 / 線維 / テクスチャ解析 / 同時生起行列  
(英) Medical Ultrasound / Rayleigh Distribution / e QuantitativDiagnosis / Diffuse Liver Disease / Hepatitis / Fibrosis / Texture Analysis / Co-Occurrence Matrix  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 388, US2009-105, pp. 99-104, 2010年1月.
資料番号 US2009-105 
発行日 2010-01-18 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2009-105

研究会情報
研究会 EA US  
開催期間 2010-01-25 - 2010-01-26 
開催地(和) 関西大 
開催地(英)  
テーマ(和) <音響・超音波サブソサイエティ合同研究会> テーマ:一般(応用/電気音響・超音波) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2010-01-EA-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エコー信号の同時生起行列を用いた肝病変の超音波画像情報の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of ultrasonic image of liver diseases using co-occurrence matrix. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 医用超音波 / Medical Ultrasound  
キーワード(2)(和/英) レイリー分布 / Rayleigh Distribution  
キーワード(3)(和/英) 定量診断 / e QuantitativDiagnosis  
キーワード(4)(和/英) び慢性肝疾患 / Diffuse Liver Disease  
キーワード(5)(和/英) 肝炎 / Hepatitis  
キーワード(6)(和/英) 線維 / Fibrosis  
キーワード(7)(和/英) テクスチャ解析 / Texture Analysis  
キーワード(8)(和/英) 同時生起行列 / Co-Occurrence Matrix  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 由紀 / Yuki Tanaka / タナカ ユキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 五十嵐 悠 / Yu Igarashi / イガラシ ユウ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 匡 / Tadashi Yamaguchi / ヤマグチ タダシ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 蜂屋 弘之 / Hiroyuki Hachiya / ハチヤ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-26 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2009-105 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.388 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2010-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会