お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-25 11:00
超音波診断装置を用いたCounter-Crossed Beam Contrast Echo法の基礎的検討
江浦太之吉田憲司渡辺好章同志社大)・秋山いわき湘南工科大US2009-89
抄録 (和) 周波数の異なる2つの超音波ビームを交差させて,交差領域の微小気泡の非線形振動における和音または差音成分から血流分布を映像化するCounter-Crossed Beam Contrast Echo法の基礎的な検討を行った.本手法では,2つの直交した超音波ビームの交差領域で生成される微小気泡の非線形振動による和音及び差音のドプラシフトから二次元流速ベクトルを推定する.本稿では,市販の超音波診断装置及び超音波プローブを用いて,管内流速の二次元ベクトルを計測した.その結果,本手法によって算出された流速ベクトルの絶対値が実際の流速と一致した. 
(英) A preliminary study on Counter-Crossed Beam Contrast Echo method is carried out. This method is a blood flow imaging method by using sum or difference frequency which is generated due to nonlinear vibration of microbubbles in the crossed two breams with different frequencies. This method measures the two dimensional flow velocity by using Doppler shifts of sum or difference frequency where the two orthogonal directions of ultrasonic beams are crossed. We measured the two-dimensional flow velocity of microbubbles in a channel using commercially available ultrasound diagnostic equipment with another ultrasonic probe. As a result, the absolute values of flow velocity measured by the proposed method agreed with the values of actual velocity.
キーワード (和) 超音波ドプラ法 / 非線形振動 / 和音成分 / 超音波造影剤 / 直交ビーム / / /  
(英) ultrasound Doppler method / nonlinear vibration of microbubbles / sum frequency component / contrast agents / orthogonal crossed beams / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 388, US2009-89, pp. 11-16, 2010年1月.
資料番号 US2009-89 
発行日 2010-01-18 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2009-89

研究会情報
研究会 EA US  
開催期間 2010-01-25 - 2010-01-26 
開催地(和) 関西大 
開催地(英)  
テーマ(和) <音響・超音波サブソサイエティ合同研究会> テーマ:一般(応用/電気音響・超音波) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2010-01-EA-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波診断装置を用いたCounter-Crossed Beam Contrast Echo法の基礎的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A preliminary study on Counter-Crossed Beam Contrast Echo method using an ultrasonic diagnostic equipment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超音波ドプラ法 / ultrasound Doppler method  
キーワード(2)(和/英) 非線形振動 / nonlinear vibration of microbubbles  
キーワード(3)(和/英) 和音成分 / sum frequency component  
キーワード(4)(和/英) 超音波造影剤 / contrast agents  
キーワード(5)(和/英) 直交ビーム / orthogonal crossed beams  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 江浦 太之 / Taishi Eura / エウラ タイシ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 憲司 / Kenji Yoshida / ヨシダ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 好章 / Yoshiaki Watanabe / ワタナベ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋山 いわき / Iwaki Akiyama / アキヤマ イワキ
第4著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: Shonan Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-25 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2009-89 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.388 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2010-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会