お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-25 10:05
全域木混雑度問題の計算複雑性
大舘陽太群馬大)・Hans L. BodlaenderUtrecht Univ.COMP2009-40
抄録 (和) 本論文では,グラフの\emph{全域木混雑度}について研究する.初めに,与えられた次数制限されたグラフが,$k$以下の全域木混雑度を持つか否か決定する問題が,パラメータ$k$が固定されている場合は線形時間で解ける事を示す.次に,与えられたグラフが次数制限されない頂点を1個でも持つと,固定された$k \ge 10$に対して,グラフが$k$以下の全域木混雑度を持つか否か決定する問題が,NP完全である事を示す.さらに,$11/10$より良い近似比の解を求める事がNP困難である事も示す. 
(英) We study the computational complexity of determining the \emph{spanning tree congestion} of a graph. First, we show that the problem of determining whether a given graph has spanning tree congestion at most fixed $k$ can be solved in linear time for graphs of bounded degree. Next, we show that the problem becomes NP-complete for every fixed $k \ge 10$ if we allow only one vertex of unbounded degree in the input graphs. We also show that it is NP-hard to approximate the spanning tree congestion of such graphs within a factor better than $11/10$.
キーワード (和) 全域木混雑度 / 固定パラメータ容易性 / NP困難性 / / / / /  
(英) Spanning tree congestion / Fixed parameter tractability / NP-hardness / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 391, COMP2009-40, pp. 9-16, 2010年1月.
資料番号 COMP2009-40 
発行日 2010-01-18 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード COMP2009-40

研究会情報
研究会 COMP  
開催期間 2010-01-25 - 2010-01-25 
開催地(和) 九州大学西新プラザ 
開催地(英) Nishijin Plaza, Kyushu University 
テーマ(和) 情報処理学会アルゴリズム研究会との連続開催 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2010-01-COMP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 全域木混雑度問題の計算複雑性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Complexity results for the spanning tree congestion problem 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 全域木混雑度 / Spanning tree congestion  
キーワード(2)(和/英) 固定パラメータ容易性 / Fixed parameter tractability  
キーワード(3)(和/英) NP困難性 / NP-hardness  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大舘 陽太 / Yota Otachi / オオタチ ヨウタ
第1著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Hans L. Bodlaender / Hans L. Bodlaender /
第2著者 所属(和/英) Utrecht University (略称: Utrecht Univ.)
Utrecht University (略称: Utrecht Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-25 10:05:00 
発表時間 35 
申込先研究会 COMP 
資料番号 IEICE-COMP2009-40 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.391 
ページ範囲 pp.9-16 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-COMP-2010-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会