お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-22 13:50
[特別講演]言語と動作によるコミュニケーションを学習するロボット
岩橋直人NICTCQ2009-100 PRMU2009-199 SP2009-140 MVE2009-122
抄録 (和) 日常生活での共有経験を反映するコミュニケーションは,対話者による環境の理解と,対話者間の相互理解を基盤として成立する.ロボットが,このようなコミュニケーション能力を、実世界における人間とのインタラクションを通して学習するための計算機構LCoreについて述べる. LCoreにより、ロボットは,音韻,単語,文法,物体のカテゴリー,動作,タスクに関する知識,語用論的知識など,コミュニケーション能力を構成する要素(信念)をインクリメンタルに獲得し,それらを一つの信念システムとして統合してゆく.この信念システムはダイナミックグラフィカルモデルで表現される.さらに,ロボットは,この信念システムに基づいた発話の生成・理解のプロセスを通して,対話者の信念システムの状態を推測し,自らの信念システムを更新する.ロボットと対話者は,互いにこのような調整を続けること―信念システム間のダイナミックな結合―により,状況に応じて適切に発話を生成・理解し,行動できるようになる. 
(英) This paper presents machine learning method L-Core that enables robots to learn to communicate linguistically from scratch through verbal and behavioral interaction with users. L-Core combines speech, visual, and tactile information obtained by interaction in the real world. It learns speech units, words, the concepts of objects, motions, grammar, and pragmatic and communicative capabilities, which are integrated in a dynamic graphical model. Experimental results show that through a practical, small number of learning episodes with a user, the robot was eventually able to understand even fragmental and ambiguous utterances, respond to them with confirmation questions and/or acting, generate directive utterances appropriate for the given situation, and answer questions. This paper discusses the importance of a developmental approach to realize natural situated human-robot conversations.
キーワード (和) 言語 / ロボット / 学習 / コミュニケーション / 動作 / マルチモーダル / /  
(英) Language / Robot / Learning / Communication / Motion / Multimodal / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 375, SP2009-140, pp. 299-304, 2010年1月.
資料番号 SP2009-140 
発行日 2010-01-14 (CQ, PRMU, SP, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2009-100 PRMU2009-199 SP2009-140 MVE2009-122

研究会情報
研究会 PRMU SP MVE CQ  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 京大 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) クロスモーダル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2010-01-PRMU-SP-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 言語と動作によるコミュニケーションを学習するロボット 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Robots That Learn to Communicate by Multimodal Interaction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 言語 / Language  
キーワード(2)(和/英) ロボット / Robot  
キーワード(3)(和/英) 学習 / Learning  
キーワード(4)(和/英) コミュニケーション / Communication  
キーワード(5)(和/英) 動作 / Motion  
キーワード(6)(和/英) マルチモーダル / Multimodal  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩橋 直人 / Naoto Iwahashi / イワハシ ナオト
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-22 13:50:00 
発表時間 50 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-CQ2009-100,IEICE-PRMU2009-199,IEICE-SP2009-140,IEICE-MVE2009-122 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.373(CQ), no.374(PRMU), no.375(SP), no.376(MVE) 
ページ範囲 pp.299-304 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2010-01-14,IEICE-PRMU-2010-01-14,IEICE-SP-2010-01-14,IEICE-MVE-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会