お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-22 16:20
ISMAR2009報告 ~ 複合現実感研究の最新動向 ~
斎藤英雄慶大)・石川智也産総研)・内山英昭慶大)・北原 格筑波大)・柴田史久立命館大)・宮下 勉DNPデジタルコムCQ2009-103 PRMU2009-202 SP2009-143 MVE2009-125
抄録 (和) 第8回複合現実感国際会議(ISMAR2009: IEEE/ACM International Symposium on Mixed and Augmented Reality)が,2009年10月19日~22日に米国フロリダ州オーランドで開催された.本報告では,本会議の開催報告,及び主要発表について紹介し,複合現実感研究の動向を探る. 
(英) ISMAR2009: IEEE/ACM International Symposium on Mixed and Augmented Reality was held in Orland, Florida, USA, during Oct.19-22, 2009. In this report, we would like to introduce the overview of ISMAR2009 and some interesting researches presented in ISMAR2009.
キーワード (和) 複合現実感 / 拡張現実感 / 国際会議開催報告 / / / / /  
(英) Mixed Reality / Augmented Reality / International Conference Report / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 374, PRMU2009-202, pp. 317-322, 2010年1月.
資料番号 PRMU2009-202 
発行日 2010-01-14 (CQ, PRMU, SP, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2009-103 PRMU2009-202 SP2009-143 MVE2009-125

研究会情報
研究会 PRMU SP MVE CQ  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 京大 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) クロスモーダル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2010-01-PRMU-SP-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ISMAR2009報告 
サブタイトル(和) 複合現実感研究の最新動向 
タイトル(英) A Report on ISMAR2009 
サブタイトル(英) Recent Trends of Mixed Reality Research 
キーワード(1)(和/英) 複合現実感 / Mixed Reality  
キーワード(2)(和/英) 拡張現実感 / Augmented Reality  
キーワード(3)(和/英) 国際会議開催報告 / International Conference Report  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 英雄 / Hideo Saito / サイトウ ヒデオ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 智也 / Tomoya Ishikawa / イシカワ トモヤ
第2著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内山 英昭 / Hideaki Uchiyama / ウチヤマ ヒデアキ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 格 / Itaru Kitahara / キタハラ イタル
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 史久 / Fumihisa Shibata / シバタ フミヒサ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮下 勉 / Tsutomu Miyashita / ミヤシタ ツトム
第6著者 所属(和/英) DNPデジタルコム (略称: DNPデジタルコム)
DNP Digitalcom (略称: DNP Digitalcom)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-22 16:20:00 
発表時間 40 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-CQ2009-103,IEICE-PRMU2009-202,IEICE-SP2009-143,IEICE-MVE2009-125 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.373(CQ), no.374(PRMU), no.375(SP), no.376(MVE) 
ページ範囲 pp.317-322 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2010-01-14,IEICE-PRMU-2010-01-14,IEICE-SP-2010-01-14,IEICE-MVE-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会