お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-22 09:50
ウィンドシールドディスプレイを用いた道路鏡像提示に於ける幾何整合性と見易さの関係
川俣貴也北原 格亀田能成大田友一筑波大CQ2009-91 PRMU2009-190 SP2009-131 MVE2009-113
抄録 (和) 我々は,自動車のフロントガラス上の広範囲に情報を提示するウィンドシールドディスプレイを用いた複合現実型の視覚情報支援として「道路鏡像の空中提示」を提案している.この手法では,運転者に道路形状とナビゲーション用映像オブジェクトを分かり易く提示する為に,走行中の道路の輪郭線を地平線について対称な鏡像として上空に提示する.しかし,実験の結果,鏡像としての幾何整合性を厳密に持たせるよりも,ある種のずれを認めたほうが見易い場合があることが分かった. 
(英) We have been developing a new navigation system that shows a mirrored road-map on wind-shield display. Though the original mirrored road-map is given by mirroring road shape on the ground to a virtual horizontal plane in geometrically correct way, we have investigated the performance of pseudo mirrored road-map to users, by loosing the geometrical preciseness.
キーワード (和) 高度道路交通システム / ウィンドシールドディスプレイ / 複合現実感 / カーナビゲーション / / / /  
(英) ITS / Wind-Shield Display / Mixed Reality / Car Navigation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 376, MVE2009-113, pp. 237-242, 2010年1月.
資料番号 MVE2009-113 
発行日 2010-01-14 (CQ, PRMU, SP, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2009-91 PRMU2009-190 SP2009-131 MVE2009-113

研究会情報
研究会 PRMU SP MVE CQ  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 京大 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) クロスモーダル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2010-01-PRMU-SP-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ウィンドシールドディスプレイを用いた道路鏡像提示に於ける幾何整合性と見易さの関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationship between Geometrical Accuracy and Visibility of Mirrored Road-Map on Wind-Shield Display 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高度道路交通システム / ITS  
キーワード(2)(和/英) ウィンドシールドディスプレイ / Wind-Shield Display  
キーワード(3)(和/英) 複合現実感 / Mixed Reality  
キーワード(4)(和/英) カーナビゲーション / Car Navigation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川俣 貴也 / Takaya Kawamata / カワマタ タカヤ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 格 / Itaru Kitahara / キタハラ イタル
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 能成 / Yoshinari Kameda / カメダ ヨシナリ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大田 友一 / Yuichi Ohta / オオタ ユウイチ
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-22 09:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-CQ2009-91,IEICE-PRMU2009-190,IEICE-SP2009-131,IEICE-MVE2009-113 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.373(CQ), no.374(PRMU), no.375(SP), no.376(MVE) 
ページ範囲 pp.237-242 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2010-01-14,IEICE-PRMU-2010-01-14,IEICE-SP-2010-01-14,IEICE-MVE-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会