お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-22 09:20
交差点進入時の運転行動の推定
天田英臣宮島千代美西野隆典北岡教英武田一哉名大CQ2009-87 PRMU2009-186 SP2009-127 MVE2009-109
抄録 (和) 本研究では信号のない交差点における模範的な運転行動をモデル化することを目的として,実環境において模範ドライバと一般ドライバの運転データを収録し,同様の交通状況における両者の運転行動の違いについて調査した.模範ドライバは,一時停止交差点や見通しの悪い交差点などの注意すべき交通状況においてペダル操作の使い方に特徴があることが確認された.そこで,ベイジアンネットワークを用いて信号なし交差点進入時のペダル操作を推定するモデルを提案した.個人モデルを作成することで,模範ドライバの運転行動を約75%の精度で推定することができることを確認した.また,模範ドライバモデルに対する尤度を用いて一時停止交差点における危険挙動の検出を行い,正確に一時停止しない運転行動について約71%の検出率を得た. 
(英) In this paper, we investigated the differences in driving behaviors at unsignalized intersections between expert and nonexpert drivers.
By analysing the real-world driving data, significant differences were found especially in gas and brake pedal operations when entering intersections with stop lines, poor visibility, or obstructions.
We proposed driver models for estimating the pedal operations before entering unsignalized intersections using Bayesian Networks.
About 75% of pedal operations of expert drivers could be estimated
with the proposed models. Risky driving behaviors were detected
based on the likelihood for the expert driver model with over 71% accuracy.
キーワード (和) 信号なし交差点 / 模範運転 / ペダル操作推定 / ベイジアンネットワーク / 危険挙動 / / /  
(英) unsignalized intersection / exemplary driving behavior / pedal operation pattern estimation / Bayesian network / risky driving behavior / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 374, PRMU2009-186, pp. 213-218, 2010年1月.
資料番号 PRMU2009-186 
発行日 2010-01-14 (CQ, PRMU, SP, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2009-87 PRMU2009-186 SP2009-127 MVE2009-109

研究会情報
研究会 PRMU SP MVE CQ  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 京大 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) クロスモーダル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2010-01-PRMU-SP-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 交差点進入時の運転行動の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of Driving Behaviors at Intersections 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 信号なし交差点 / unsignalized intersection  
キーワード(2)(和/英) 模範運転 / exemplary driving behavior  
キーワード(3)(和/英) ペダル操作推定 / pedal operation pattern estimation  
キーワード(4)(和/英) ベイジアンネットワーク / Bayesian network  
キーワード(5)(和/英) 危険挙動 / risky driving behavior  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 天田 英臣 / Hideomi Amata / アマタ ヒデオミ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮島 千代美 / Chiyomi Miyajima / ミヤジマ チヨミ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西野 隆典 / Takanori Nishino / ニシノ タカノリ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 北岡 教英 / Norihide Kitaoka / キタオカ ノリヒデ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 一哉 / Kazuya Takeda / タケダ カズヤ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-22 09:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-CQ2009-87,IEICE-PRMU2009-186,IEICE-SP2009-127,IEICE-MVE2009-109 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.373(CQ), no.374(PRMU), no.375(SP), no.376(MVE) 
ページ範囲 pp.213-218 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2010-01-14,IEICE-PRMU-2010-01-14,IEICE-SP-2010-01-14,IEICE-MVE-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会