お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-22 11:00
指向性アンテナが適用された無線バックホールにおける高速ルーティングアルゴリズム
木下大輔光永 圭古川 浩九大SIP2009-105 RCS2009-239
抄録 (和) 中継回線に指向性アンテナを適用した無線バックホールにおいて,ルーティングプロトコルの高速化について検討している.著者らは送受信時に使用する指向性アンテナをランダムに選択しながら最小伝搬損失となる中継経路を構築する手法であるランダム経路選択指向性ルーティングを提案しているが,同ルーティング法では経路収束までに相当な時間を要するという問題点があった.本稿ではこの問題を解決するための改良手法を提案している.提案手法である隣接情報取得法は経路制御パケット当たりの経路確立の機会数増加および経路制御パケット送信時に使用するアンテナの絞り込み制御を施すことを特徴とする.本稿では,提案手法の有効性を計算機シミュレーションにより明らかにした. 
(英) This paper proposes a high speed routing for wireless backhaul using directional antennas. The proposed technique is a modified version of our previous proposal, Random route Selection Directional Routing (RSDR), so that it achieves reduced period of convergence time for route formation. The modifications are to increase opportunity of route arm addition and to exclude ineffective directional antennas in respective nodes which never contribute to route formation. Simulation results ensure that the proposed routing method achieves shorter convergence time compared with RSDR.
キーワード (和) 無線バックホール / ルーティングプロトコル / 無線LAN / 指向性アンテナ / / / /  
(英) wireless backhaul / routing protocol / wireless LAN / directional antenna / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 369, RCS2009-239, pp. 187-192, 2010年1月.
資料番号 RCS2009-239 
発行日 2010-01-14 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2009-105 RCS2009-239

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 九大 
開催地(英) Kyushu Univ. 
テーマ(和) 信号処理,無線回路,ブロードバンド無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Signal Processing, Circuit for Wireless Systems, Broadband Wireless Access Techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 指向性アンテナが適用された無線バックホールにおける高速ルーティングアルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-speed routing algorithm in wireless backhaul using directional antennas 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線バックホール / wireless backhaul  
キーワード(2)(和/英) ルーティングプロトコル / routing protocol  
キーワード(3)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(4)(和/英) 指向性アンテナ / directional antenna  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 大輔 / Daisuke Kinoshita / キノシタ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 光永 圭 / Kei Mitsunaga / ミツナガ ケイ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 浩 / Hiroshi Furukawa / フルカワ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-22 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SIP2009-105,IEICE-RCS2009-239 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.368(SIP), no.369(RCS) 
ページ範囲 pp.187-192 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2010-01-14,IEICE-RCS-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会