お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-22 15:50
非回折ボロノイ図に基づいた監視カメラの配置問題
春本仁志鹿嶋雅之佐藤公則渡邊 睦鹿児島大CQ2009-104 PRMU2009-203 SP2009-144 MVE2009-126
抄録 (和) 監視カメラは河川の氾濫などの自然災害や,犯罪の抑止や早期解決など,その導入による効果は大きい.しかし,監視カメラの画角や設置台数,監視対象領域の形状などによる死角の問題がある.
本稿において我々は,障害物の存在する空間上において,母点から見通しのない領域は,その母点の勢力範囲に含まない非回折ボロノイ図を定義し,それをもとに,監視カメラの死角領域,複数カメラによる多視点監視可能な領域等を求め,監視カメラによるセキュリティ評価値を定義した.さらにその評価値に基づき,監視カメラの自動配置を行うためのシステムを構築した. 
(英) Introduction of monitoring cameras is effective in the natural damage such as flood of the river, determent of crime, and early resolusion to case. But there is problem in the angle of view and the number of monitoring cameras, and the blind spot by the shape of the area for the watch. In this report, we define nondiffracting vorono diagram that doesn't include the blind spot in monitoring area. Based on it, we obtain the blind spot area of the monitoring camera and the area where multi aspect with two or more cameras can be observed, and define the security evaluation value by monitoring camera. In addition, we constructed the system to automatic of the monitoring camera based on the evaluation value.
キーワード (和) 離散ボロノイ図 / 高位ボロノイ図 / 美術館問題 / 監視カメラ / 死角 / / /  
(英) ddiscrete voronoi diagram / voronoi diagram of higher order / art gallery problem / monitoring camera / blind spot / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 374, PRMU2009-203, pp. 339-344, 2010年1月.
資料番号 PRMU2009-203 
発行日 2010-01-14 (CQ, PRMU, SP, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2009-104 PRMU2009-203 SP2009-144 MVE2009-126

研究会情報
研究会 PRMU SP MVE CQ  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 京大 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) クロスモーダル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2010-01-PRMU-SP-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非回折ボロノイ図に基づいた監視カメラの配置問題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Arrangement of Monitoring Cameras Based on Nondiffracting Voronoi Diagram 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 離散ボロノイ図 / ddiscrete voronoi diagram  
キーワード(2)(和/英) 高位ボロノイ図 / voronoi diagram of higher order  
キーワード(3)(和/英) 美術館問題 / art gallery problem  
キーワード(4)(和/英) 監視カメラ / monitoring camera  
キーワード(5)(和/英) 死角 / blind spot  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 春本 仁志 / Hitoshi Harumoto / ハルモト ヒトシ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿嶋 雅之 / Masayuki Kashima / カシマ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 公則 / Kiminori Sato / サトウ キミノリ
第3著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 睦 / Mutsumi Watanabe / ワタナベ ムツミ
第4著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-22 15:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-CQ2009-104,IEICE-PRMU2009-203,IEICE-SP2009-144,IEICE-MVE2009-126 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.373(CQ), no.374(PRMU), no.375(SP), no.376(MVE) 
ページ範囲 pp.339-344 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2010-01-14,IEICE-PRMU-2010-01-14,IEICE-SP-2010-01-14,IEICE-MVE-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会