お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-22 10:40
シャントキャパシタンスの非線形性を考慮したE級最大動作周波数の解析解の導出
中島健佑伊藤 晃末次 正福岡大EE2009-43
抄録 (和) 非線形シャントキャパシタンスがあるE級増幅器の最大動作周波数はトランジスタのデューティ比に依存することを解析により求めた。固定の出力電力とdc供給電圧においてゼロ電圧スイッチング(ZVS)とゼロ電圧勾配スイッチング(ZDS)状態を維持する場合、最大動作周波数はデューティ比によって変化することが本論文の解析により求められた。 従って、特定の値のシャントキャパシタンス、出力電力、dc供給電圧のE級増幅器は動作周波数を調整することによって設計することが可能となる。 
(英) The maximum operating frequency of the class E amplifier with nonlinear shunt capacitance depends on the transistor duty ratio. It varies with the duty ratio under zero-voltage switching (ZVS) and zero-derivative switching (ZDS) conditions at fixed values of the output power, dc supply voltage. Therefore, the design of the class E amplifier with given values of the shunt capacitance, the output power, dc supply voltage is possible by adjusting the operating frequency.
キーワード (和) E級増幅器 / 最大動作周波数 / RF電力増幅器 / ゼロ電圧スイッチング / 非線形キャパシタンス / / /  
(英) Class E power amplifiers / frequency limitation / , RF power amplifiers / zero-voltage-switching / nonlinear capacitance / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 371, EE2009-43, pp. 41-45, 2010年1月.
資料番号 EE2009-43 
発行日 2010-01-14 (EE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2009-43

研究会情報
研究会 EE  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 回路技術および高効率エネルギー変換技術関連,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2010-01-EE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シャントキャパシタンスの非線形性を考慮したE級最大動作周波数の解析解の導出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Derivation of Analytical Expression of Maximum Operating Frequency of Class E Amplifier with Nonlinear Shunt Capacitance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) E級増幅器 / Class E power amplifiers  
キーワード(2)(和/英) 最大動作周波数 / frequency limitation  
キーワード(3)(和/英) RF電力増幅器 / , RF power amplifiers  
キーワード(4)(和/英) ゼロ電圧スイッチング / zero-voltage-switching  
キーワード(5)(和/英) 非線形キャパシタンス / nonlinear capacitance  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 健佑 / Keisuke Nakajima / ナカジマ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 晃 / Akira Ito / イトウ アキラ
第2著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 末次 正 / Tadashi Suetsugu / スエツグ タダシ
第3著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-22 10:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EE 
資料番号 IEICE-EE2009-43 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.371 
ページ範囲 pp.41-45 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EE-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会