お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-22 10:30
入力スペクトルのスパース性に応じた符号化モード組合せ多段音声符号化手法 ~ ITU-T G.722/G.711.1 Super Wideband Extension標準化候補 ~
福井勝宏堤 公孝佐々木茂明日和崎祐介羽田陽一NTTCQ2009-97 PRMU2009-196 SP2009-137 MVE2009-119
抄録 (和) 本稿では,ITU-T G.722/G.711.1 Super Wideband 拡張の標準化におけるqualification フェーズ時にNTT
含むコンソーシアムから提出された,スケーラブル符号化方式の8-14 kHz 帯域レイヤに関わる音声符号化手法につい
て詳述する.本手法は,MDCT 係数の量子化において,音声や楽音など様々な音源の特性に応じて最適な符号化方式
を4 つのモードから選択して用いる多段量子化手法で,音源に関わらず高音質を実現する.本手法により,全ての条件
でリファレンスコーデックの音質を上回り,音声品質に関する標準化要求条件を満たすことを主観評価により示した. 
(英) This paper describes a coding algorithm for 8-14 kHz bandwith layer of a scalable speech codec, submitted
by a consortium including NTT as a candidate in the qualification phase of ITU-T G.722/G.711.1 super
wideband extension standardization. The candidate codec achieves high speech quality irrespective of the sound
source by using the proposed multistage quantization in the MDCT domain that selects the best encoding scheme
among four modes according to the characteristic of various sound sources. The subjective test results showed that
the candidate codec obtained higher scores than the reference codec in all samples and passed all requirements of
the standardization in listening quality.
Key words 14-kHz-bandwidth speech coding,
キーワード (和) 14 kHz 帯域音声符号化 / スケーラブル符号化 / ベクトル量子 / ITU-T G.722 / ITU-T G.711.1 / / /  
(英) 14-kHz-bandwidth speech coding / scalable coding / vector quantization / ITU-T G.722 / ITU-T G.711.1 / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 375, SP2009-137, pp. 279-284, 2010年1月.
資料番号 SP2009-137 
発行日 2010-01-14 (CQ, PRMU, SP, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2009-97 PRMU2009-196 SP2009-137 MVE2009-119

研究会情報
研究会 PRMU SP MVE CQ  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 京大 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) クロスモーダル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2010-01-PRMU-SP-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 入力スペクトルのスパース性に応じた符号化モード組合せ多段音声符号化手法 
サブタイトル(和) ITU-T G.722/G.711.1 Super Wideband Extension標準化候補 
タイトル(英) Multi-layer Speech Coding Using Combination of Modes Based on Sparseness of Input Spectrum 
サブタイトル(英) ITU-T G.722/G.711.1 Super Wideband Extension Candidate 
キーワード(1)(和/英) 14 kHz 帯域音声符号化 / 14-kHz-bandwidth speech coding  
キーワード(2)(和/英) スケーラブル符号化 / scalable coding  
キーワード(3)(和/英) ベクトル量子 / vector quantization  
キーワード(4)(和/英) ITU-T G.722 / ITU-T G.722  
キーワード(5)(和/英) ITU-T G.711.1 / ITU-T G.711.1  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 勝宏 / Masahiro Fukui / フクイ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堤 公孝 / Kimitaka Tsutsumi / ツツミ キミタカ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 茂明 / Shigeaki Sasaki / ササキ シゲアキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 日和崎 祐介 / Yusuke Hiwasaki / ヒワサキ ユウスケ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽田 陽一 / Yoichi Haneda / ハネダ ヨウイチ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-22 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-CQ2009-97,IEICE-PRMU2009-196,IEICE-SP2009-137,IEICE-MVE2009-119 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.373(CQ), no.374(PRMU), no.375(SP), no.376(MVE) 
ページ範囲 pp.279-284 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2010-01-14,IEICE-PRMU-2010-01-14,IEICE-SP-2010-01-14,IEICE-MVE-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会