電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-22 16:35
DOA-Matrix法を用いた近傍波源位置推定法における波源とアレーアンテナ間の距離減衰に関する一検討
山下祐希菊間信良平山 裕榊原久二男名工大AP2009-182
抄録 (和) 移動通信や室内無線通信(無線LAN)において,周囲の状況や環境に応じて電波伝搬構造を詳細に把握するには, アレーアンテナを用いた到来波の高分解能到来方向 (DOA) 推定が重要な技術となる.しかし,近傍波源に対しては入射波が球面波となることから,遠方界到来方向推定とは異なる受信信号モデルが必要となる.本稿では,近傍波源からの距離減衰がアレー内で一定であると仮定した近傍界DOA-Matrix法に着目し,入射波の距離減衰が波源位置推定精度に与える影響について検討を行った.計算機シミュレーションの結果,到来波が1波であれば,距離減衰がある場合でも近傍界DOA-Matrix法は波源位置推定が可能であることを確認した. 
(英) It is important to understand the radio wave propagation structures in mobile or wireless communications. One of useful methods for the purpose is high-resolution DOA estimation using array antenna. However, for the near field sources, different signal models are required since the incident wave fronts are spherical. This paper deals with the near field DOA-Matrix method for source localization, which assumes that the distance attenuation is constant in the array antenna. Particularly, the effect of the distance attenuation of the incident spherical waves on the accuracy of source localization is investigated in this paper. Via computer simulation, it has been confirmed that the DOA-Matrix method provides acceptable accuracy in near filed source localization if there is only one source that has distance attenuation in the array antenna.
キーワード (和) 波源位置推定 / 近傍界 / 距離減衰 / アレーアンテナ / ESPRIT / DOA-Matrix法 / /  
(英) source localization / near field / distance attenuation / array antenna / ESPRIT / DOA-Matrix method / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 372, AP2009-182, pp. 153-158, 2010年1月.
資料番号 AP2009-182 
発行日 2010-01-14 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2009-182

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 山口大 
開催地(英) Yamaguchi University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) AP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2010-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DOA-Matrix法を用いた近傍波源位置推定法における波源とアレーアンテナ間の距離減衰に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Consideration on Distance Attenuation between Sources and Array Antenna in Near Field Source Localization Using DOA-Matrix Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 波源位置推定 / source localization  
キーワード(2)(和/英) 近傍界 / near field  
キーワード(3)(和/英) 距離減衰 / distance attenuation  
キーワード(4)(和/英) アレーアンテナ / array antenna  
キーワード(5)(和/英) ESPRIT / ESPRIT  
キーワード(6)(和/英) DOA-Matrix法 / DOA-Matrix method  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 祐希 / Yuki Yamashita / ヤマシタ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊間 信良 / Nobuyoshi Kikuma / キクマ ノブヨシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 裕 / Hiroshi Hirayama / ヒラヤマ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 久二男 / Kunio Sakakibara / サカキバラ クニオ
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-22 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-182 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.372 
ページ範囲 pp.153-158 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会