電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-22 15:45
改良体積散乱モデルを用いたPol-InSAR画像解析
駒谷隆太郎山田寛喜山口芳雄新潟大AP2009-180
抄録 (和) 近年,地球環境の変動を広域にわたり,観測する手段としてマイクロ波リモートセンシングが注目されている.特に偏波を用いたポーラリメトリ観測では,地表面の偏波散乱特性により,個々の領域を精度良く分類可能となる.地表面の偏波散乱特性の解析・分類手法として基本散乱モデルを用いたモデル分解法が提案されている.しかしながら,通常のPOLSAR解析では,モデルにおける未知パラメータ数が多く,様々な仮定を施す必要があり,しばしば負値の電力成分が現れる問題があった.筆者等はこの分解法をPol-InSARデータに拡張し,更にESPRIT法を用いることでモデルの中から適した体積散乱成分を選択する手法を提案している.ただし,より適切な体積散乱モデルを構築する必要があった.近年,新たな拡張体積散乱成分モデルが提案された.本稿では,そのモデルのESPRIT法による推定の効果を検証している. 
(英) In recent years, microwave remote sensing attracts attention as a means to observe large surface area on the earth. Especially, precise classification can be realized with polarimetric observation due to diverse polarimetric scattering characteristic of the surface. Model based decomposition techniques have proposed for the classification technique. However, since there are so many unknowns in the models therefore several assumptions should be applied in the decomposition. As a result, estimated component powers sometimes become negative. The authors have extended the decomposition technique to Pol-InSAR data sets, and proposed ESPRIT-based decomposition technique. By using the technique, a suitable volume scattering model can be estimated among potential candidates. However, we needed a better volume scattering model as the candidates. Recently, the modified volume scattering model has proposed In this report, we adopt the model and evaluate effectiveness of the model for ESPRIT-based decomposition.
キーワード (和) 四成分散乱モデル分解法 / Pol-InSAR / ESPRIT法 / 体積散乱モデル / / / /  
(英) four component scattering model decomposition / Pol-InSAR / ESPRIT method / volume scattering model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 372, AP2009-180, pp. 141-146, 2010年1月.
資料番号 AP2009-180 
発行日 2010-01-14 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2009-180

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 山口大 
開催地(英) Yamaguchi University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) AP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2010-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 改良体積散乱モデルを用いたPol-InSAR画像解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pol-InSAR image analysis by using modified volume scattering model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 四成分散乱モデル分解法 / four component scattering model decomposition  
キーワード(2)(和/英) Pol-InSAR / Pol-InSAR  
キーワード(3)(和/英) ESPRIT法 / ESPRIT method  
キーワード(4)(和/英) 体積散乱モデル / volume scattering model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 駒谷 隆太郎 / Ryutaro Komaya / コマヤ リュウタロウ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学大学院 (略称: 新潟大)
Graduate School of Science & Technology, Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛喜 / Hiroyoshi Yamada / ヤマダ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学大学院 (略称: 新潟大)
Graduate School of Science & Technology, Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 芳雄 / Yoshio Yamaguchi / ヤマグチ ヨシオ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学大学院 (略称: 新潟大)
Graduate School of Science & Technology, Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-22 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2009-180 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.372 
ページ範囲 pp.141-146 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会