お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-22 11:30
ランドマークデータベースに基づくカメラトラッキング法の高速化と安定化
樋下 航一刈良介天目隆平柴田史久田村秀行立命館大CQ2009-94 PRMU2009-193 SP2009-134 MVE2009-116
抄録 (和) 本稿では,屋内外で利用可能な特徴点追跡に基づくカメラトラッキング手法を提案する.従来手法では,絶対的なカメラ位置姿勢を取得するために何点かの特徴点の3次元位置を手動で計測する必要があり,準備に多大な時間と労力を要する点が問題となっていた.本研究では,人為的マーカと背景中の特徴点を併用することで,自動的に特徴点の3次元位置を推定し,準備に要する時間を大幅に削減する.さらに,従来手法のトラッキング処理においては,特徴点追跡に多くの計算コストを要し,また一度破綻すると復帰できないという問題があった.そこで,画像中から得られる局所不変特徴量を特徴点追跡に用いることで速度と安定性を向上させる. 
(英) This paper describes a camera tracking method which can be used in outdoor and indoor environments using natural feature tracking. In conventional methods, much time and human cost are needed to construct landmark database because they require measuring some absolute positions of feature beforehand. Furthermore, tracking methods have considerable problems that they require much computational cost and cannot recover from tracking failures. We propose an automatic method for constructing landmark database to reduce the time for preparation. The key idea of our method is combining use of natural features in the background and a fiducial marker. We adopt the local invariant feature for matching to achieve the improvement of speed and robustness of camera tracking process.
キーワード (和) カメラトラッキング / ランドマークデータベース / 局所不変特徴量 / / / / /  
(英) Camera Tracking / Feature Landmark Database / Local Invariant Feature / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 374, PRMU2009-193, pp. 255-260, 2010年1月.
資料番号 PRMU2009-193 
発行日 2010-01-14 (CQ, PRMU, SP, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2009-94 PRMU2009-193 SP2009-134 MVE2009-116

研究会情報
研究会 PRMU SP MVE CQ  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 京大 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) クロスモーダル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2010-01-PRMU-SP-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ランドマークデータベースに基づくカメラトラッキング法の高速化と安定化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Improvement of Camera Tracking Method Using the Feature Landmark Database 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カメラトラッキング / Camera Tracking  
キーワード(2)(和/英) ランドマークデータベース / Feature Landmark Database  
キーワード(3)(和/英) 局所不変特徴量 / Local Invariant Feature  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋下 航 / Wataru Toishita / トイシタ ワタル
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 一刈 良介 / Ryosuke Ichikari / イチカリ リョウスケ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 天目 隆平 / Ryuhei Tenmoku / テンモク リュウヘイ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 史久 / Fumihisa Shibata / シバタ フミヒサ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 秀行 / Hideyuki Tamura / タムラ ヒデユキ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-22 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-CQ2009-94,IEICE-PRMU2009-193,IEICE-SP2009-134,IEICE-MVE2009-116 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.373(CQ), no.374(PRMU), no.375(SP), no.376(MVE) 
ページ範囲 pp.255-260 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2010-01-14,IEICE-PRMU-2010-01-14,IEICE-SP-2010-01-14,IEICE-MVE-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会