お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-21 13:40
ユークリッド空間内の点分布の外郭を求めるアルゴリズム
小林郁弥渡辺俊典古賀久志電通大CQ2009-72 PRMU2009-171 SP2009-112 MVE2009-94
抄録 (和) 点分布の外郭とはユークリッド空間で原点からの距離が局所的最大値となる点の集合である. 凸集合の場合には1つ以上の任意のベクトルに対する射影長が最も長い点を選出すれば良い. しかし非凸集合の場合にはうまくいかない. 本研究では空間を十分に目の細かい複数のブロックに分割し, 個々のブロック内で分布が凸になることを仮定することでこの問題を解決する. 
(英) Given a set of points S, we call its outer border points as a border points set B.
For convex S, it is easy to get B by choosing points each of which has the biggest projection to randomly chosen vectors.
However, this is not the case for non convex S.
In this paper, we propose a method that partitions the S into subsets each of which has enhanced convexity and gathers border points of them to get B.
Probabilistic LSH-like searching scheme is also adapted to reduce computation cost.
キーワード (和) 情報分類 / 情報抽出 / 特徴空間 / クラスタリング / LSH / / /  
(英) Information Classification / Information Retrieval / Feature Space / Clustering / LSH / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 374, PRMU2009-171, pp. 115-120, 2010年1月.
資料番号 PRMU2009-171 
発行日 2010-01-14 (CQ, PRMU, SP, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2009-72 PRMU2009-171 SP2009-112 MVE2009-94

研究会情報
研究会 PRMU SP MVE CQ  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 京大 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) クロスモーダル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2010-01-PRMU-SP-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ユークリッド空間内の点分布の外郭を求めるアルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Algorithm for Getting Border Points lying in Euclidean Space 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報分類 / Information Classification  
キーワード(2)(和/英) 情報抽出 / Information Retrieval  
キーワード(3)(和/英) 特徴空間 / Feature Space  
キーワード(4)(和/英) クラスタリング / Clustering  
キーワード(5)(和/英) LSH / LSH  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 郁弥 / Fumiya Kobayashi / コバヤシ フミヤ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 俊典 / Toshinori Watanabe / ワタナベ トシノリ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 久志 / Hisashi Koga / コガ ヒサシ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-21 13:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-CQ2009-72,IEICE-PRMU2009-171,IEICE-SP2009-112,IEICE-MVE2009-94 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.373(CQ), no.374(PRMU), no.375(SP), no.376(MVE) 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2010-01-14,IEICE-PRMU-2010-01-14,IEICE-SP-2010-01-14,IEICE-MVE-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会