お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-21 13:10
符号化ビットストリーム情報による映像品質客観評価法に関する一検討
渡辺敬志郎岡本 淳NTTCQ2009-75 PRMU2009-174 SP2009-115 MVE2009-97
抄録 (和) 現在,IPネットワークの広帯域化を背景にIPTVサービスが急速に普及しつつある.
高品質なIPTVサービスをエンドユーザに提供するためには,IPTVサービスの品質をリアルタイムに管理して,品質の劣化に応じた対処を行う必要がある.
IPTVサービスのように映像メディアを用いたサービスの品質は,エンドユーザが映像メディアを見て体感する主観品質(QoE: Quality of Experience)が基本であり,主観品質をリアルタイムに管理するインサービス品質管理が注目されている.
インサービス品質管理の実現には,正しい主観品質を低い計算負荷で推定可能な映像品質客観評価法が必要である.
このために様々な客観評価法の研究が行われたが,計算負荷の問題や主観品質のコンテンツ依存性による推定精度の低下を克服できていない.
現在,このような条件をクリアする方法として,符号化ビットストリーム情報を用いた映像品質客観評価法が注目されている.
そこで本稿では,符号化ビットストリーム情報を用いて,サービス品質の基本となる符号化品質を対象とした映像品質客観評価法を提案する.
具体的には,符号化ビットストリームを構成するパラメータであるフレーム種別,符号量,量子化パラメータ等に注目して主観品質の推定を行い,
従来法に比べて推定精度が向上することを示す. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 373, CQ2009-75, pp. 133-136, 2010年1月.
資料番号 CQ2009-75 
発行日 2010-01-14 (CQ, PRMU, SP, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2009-75 PRMU2009-174 SP2009-115 MVE2009-97

研究会情報
研究会 PRMU SP MVE CQ  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 京大 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) クロスモーダル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2010-01-PRMU-SP-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 符号化ビットストリーム情報による映像品質客観評価法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of objective video quality assessment method using coding bitstream information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 敬志郎 / Keishiro Watanabe / ワタナベ ケイシロウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 淳 / Jun Okamoto / オカモト ジュン
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-21 13:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2009-75,IEICE-PRMU2009-174,IEICE-SP2009-115,IEICE-MVE2009-97 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.373(CQ), no.374(PRMU), no.375(SP), no.376(MVE) 
ページ範囲 pp.133-136 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CQ-2010-01-14,IEICE-PRMU-2010-01-14,IEICE-SP-2010-01-14,IEICE-MVE-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会