お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-21 13:10
中波AM放送電波の夜間における遠距離伝搬受信状況の再調査とそれによる若干の新しい知見
竹内康人鹿児島大SIP2009-90 RCS2009-224
抄録 (和) アナログテレビ放送が60 年の歴史を持てずに終焉の日を迎えるのに対し、アナログラジオ放送は百年の歴史を持てる段階に近づき、なおその先の継続が見込まれている。また送信側受信側ともに比較的簡素な設備によりシステムとして非常にロバストな全国報道網を持てる事は長年にわたり証明されている。特に夜間における空間波伝搬を見込むと高々数局の大電力局で全国をカバー出来るのは大きな特徴点である。この領域の基礎的な知識や技術はすでに枯れた,確定された物と見なされ,そのスキルの伝承もややなおざりな面が見られる。本研究においてはこの領域の受信技術の伝承およびその拠り所とすべき夜間における遠距離伝搬・受信状況の再調査を行い、伝統的に語り継がれたデータへの補弼を行うとともに、フェーディングの性質等に関する若干の新しい知見を得たので報告する。 
(英) In this study overnight propagation-reception characteristics of MW AM broadcast wave is revisited for new study. Since this area of science and technology are considered "almost-done" or "no more interesting" and classified, inheritance of gross knowledge with necessary skill is an issue. In this study reception level of signal from 1000Km distant broadcast station is day-by-day continuously monitored, to get some new findings in this area.
キーワード (和) ラジオ / 中波 / アナログ / 夜間 / 空間波 / フェーディング / 受信 / 伝承  
(英) Radio / Middle Wave / Analog / Night Time / Spatial Wave / Fading / Reception / Heritage  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 369, RCS2009-224, pp. 99-102, 2010年1月.
資料番号 RCS2009-224 
発行日 2010-01-14 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2009-90 RCS2009-224

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 九大 
開催地(英) Kyushu Univ. 
テーマ(和) 信号処理,無線回路,ブロードバンド無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Signal Processing, Circuit for Wireless Systems, Broadband Wireless Access Techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 中波AM放送電波の夜間における遠距離伝搬受信状況の再調査とそれによる若干の新しい知見 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Review Survey of Overnight Propagation-Reception Characteristics of MW AM Broadcast Wave and Some New Findings 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ラジオ / Radio  
キーワード(2)(和/英) 中波 / Middle Wave  
キーワード(3)(和/英) アナログ / Analog  
キーワード(4)(和/英) 夜間 / Night Time  
キーワード(5)(和/英) 空間波 / Spatial Wave  
キーワード(6)(和/英) フェーディング / Fading  
キーワード(7)(和/英) 受信 / Reception  
キーワード(8)(和/英) 伝承 / Heritage  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 康人 / Yasuhito Takeuchi / タケウチ ヤスヒト
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-21 13:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SIP2009-90,IEICE-RCS2009-224 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.368(SIP), no.369(RCS) 
ページ範囲 pp.99-102 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SIP-2010-01-14,IEICE-RCS-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会