お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-21 15:00
過渡電流回路を用いたZCS降圧形コンバータ
廣光信也小川真理子安部征哉庄山正仁九大)・米澤 遊富士通研EE2009-36
抄録 (和) 近年、スイッチング電源の小形化のためにスイッチング周波数の高周波化が求められているが、その場合,スイッチング損失の増大による電力変換効率の低下という問題がある。この問題を解決する手法としてソフトスイッチング技術があり、多くの回路方式が提案されている。
過渡電流回路はソフトスイッチング技術の1つで、ZCSによるスイッチング損失の低減、ターンオフ電圧サージの抑制という特長を持ち、高周波スイッチング動作においても高効率が実現できる。本稿では、過渡電流回路を用いた降圧形コンバータについて実験を行い、従来の降圧形コンバータと比べてスイッチング損失が低減され、効率が改善できることを確認した。 
(英) Recent years, in order to reduce size and weight of power supply unit, high frequency operation is required. However, this higher frequency operation significantly increases switching loss and leads to lower efficiency. Soft switching techniques are key technologies to overcome this problem. A number of soft switching technologies have been proposed.
Transient Current Circuit is one of the soft switching technologies. The circuit evidently reduces switching loss of buck converter main switch dramatically. It makes high-frequency operation possible.
In this paper, a transient current circuit is introduced and the validity of the transient current circuit is verified through experiments.
キーワード (和) ソフトスイッチング / ZCS / 降圧形コンバータ / 過渡電流回路 / / / /  
(英) Soft Switching / ZCS / Buck Converter / Transient Current Circuit / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 371, EE2009-36, pp. 1-5, 2010年1月.
資料番号 EE2009-36 
発行日 2010-01-14 (EE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2009-36

研究会情報
研究会 EE  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 回路技術および高効率エネルギー変換技術関連,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2010-01-EE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 過渡電流回路を用いたZCS降圧形コンバータ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) ZCS Buck Converter with Transient Current Circuit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトスイッチング / Soft Switching  
キーワード(2)(和/英) ZCS / ZCS  
キーワード(3)(和/英) 降圧形コンバータ / Buck Converter  
キーワード(4)(和/英) 過渡電流回路 / Transient Current Circuit  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣光 信也 / Shinya Hiromitsu / ヒロミツ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 真理子 / Mariko Ogawa / オガワ マリコ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安部 征哉 / Seiya Abe / アベ セイヤ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄山 正仁 / Masahito Shoyama / ショウヤマ マサヒト
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 米澤 遊 / Yu Yonezawa / ヨネザワ ユウ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FUJITSU LAB.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-21 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EE 
資料番号 IEICE-EE2009-36 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.371 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EE-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会