電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-21 15:00
重複保持法に基づくFFT全探索ブロックマッチング
佐々木秀竹李 禎貴家仁志首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 全探索ブロックマッチング法の一つに,FFTを用いた高速アルゴリズムがある.しかしゼロ詰めによりブロックサイズを探索領域サイズに合わせるため,必要なメモリサイズと計算効率が従来法ではブロックサイズと探索領域サイズの関係に大きく依存するという課題がある.本稿は,この課題を解決するために探索領域を分割して,両者の関係に自由度を与え,ブロックマッチングをFFTで実行する方法を提案する.シミュレーションにより,提案法の有効性を示した. 
(英) One category in fast full-search block matching algorithms (BMAs) is based on the fast Fourier transformation (FFT). For block matching, conventional methods in this category fit the macroblock size to the search window size by zero-padding. This property arises a problem that the memory consumption and computational complexity heavily depend on the size difference between the macroblock and the search window. This paper, thus, proposes a novel FFT-based BMA which overcomes the above mentioned problem. The proposed method divides the search window to multiple sub search windows to versatilely control the difference between the macroblock and the search window sizes. Simulation results show the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) ブロックマッチング / パターン認識 / FFT / 重複保持法 / / / /  
(英) block matching / pattern recognition / FFT / overlap-save method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 368, SIP2009-85, pp. 71-76, 2010年1月.
資料番号 SIP2009-85 
発行日 2010-01-14 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 九大 
開催地(英) Kyushu Univ. 
テーマ(和) 信号処理,無線回路,ブロードバンド無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Signal Processing, Circuit for Wireless Systems, Broadband Wireless Access Techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2010-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 重複保持法に基づくFFT全探索ブロックマッチング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An FFT Based Full-Search Block-Matching Algorithm Using an Overlap-Save Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブロックマッチング / block matching  
キーワード(2)(和/英) パターン認識 / pattern recognition  
キーワード(3)(和/英) FFT / FFT  
キーワード(4)(和/英) 重複保持法 / overlap-save method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 秀竹 / Hidetake Sasaki / ササキ ヒデタケ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 禎 / Zhen Li / リ テイ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-21 15:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-SIP2009-85,IEICE-RCS2009-219 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.368(SIP), no.369(RCS) 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2010-01-14,IEICE-RCS-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会