電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-21 14:30
LTE-Advanced上り回線の非連続帯域割当におけるチャネル推定法の検討
小川佳彦パナソニック)・高木健治岩井 敬パナソニックモバイル開発研)・西尾昭彦今村大地パナソニックSIP2009-94 RCS2009-228
抄録 (和) LTE-Advanced上り回線ではデータ信号の連続帯域割当に加えて非連続帯域割当であるClustered-Discrete Fourier Transform Spread-OFDM (C-DFTS-OFDM)のサポートが検討されている.C-DFTS-OFDM送信に対して,パイロット信号の送信方法は文献[3]などで検討されているが,パイロット信号の受信方法は十分な検討がなされていない.そこで,本稿ではC-DFTS-OFDM送信におけるパイロット信号の受信方法として (A)クラスタ単位,(B)全クラスタ一括でパイロット信号の系列間を分離する2種類の方法を比較し,計算機シミュレーションにより受信特性を評価する.受信方法(A)は送信帯域幅が狭くなると伝搬路推定精度が劣化する欠点があり,受信方法(B)は周波数選択性とクラスタ間隔の増大によりクラスタ間の不連続性が増加するにつれて伝搬路推定精度が劣化する欠点がある.シミュレーション評価では,クラスタ間隔に対するEs/N0劣化量(理想時と実環境時の伝搬路推定におけるBLER= を満たすEs/N0差)を評価し,受信方法(A)ではクラスタ間隔の増加に関わらずEs/N0劣化量がほぼ一定であるが,受信方法(B)ではクラスタ間隔が増加するにつれEs/N0劣化量が増加することを示す.さらに,Pedestrian-A (PA)モデルおよび比較的周波数選択性の大きいTypical Urban (TU)モデルの2種類で比較することにより,TUモデルではPAモデルと比較してEs/N0劣化量が増加することを示す. 
(英) In LTE-Advanced, the support of Clustered-Discrete Fourier Transform Spread -OFDM (C-DFTS-OFDM), which is non-contiguous resource assignment, is considered in addition to the contiguous resource assignment for uplink data transmission. The pilot transmission schemes for C-DFTS-OFDM are considered in some papers such as [3]. However, the pilot receiving schemes for C-DFTS-OFDM are not sufficiently considered. Therefore, we mention two schemes for the pilot receiving schemes: Scheme (A) is to assign each sequences on each cluster and Scheme (B) is to divide one sequence on whole cluster. In scheme (A), the channel estimation accuracy is decreased in case the transmission bandwidth is small. In scheme (B), the channel estimation accuracy is decreased in case the channel estimation value between clusters is largely different, e.g. the interval between clusters or the frequency selectivity is increased. Hence, we compare the Es/N0 deterioration value (The Es/N0 difference between ideal and real channel estimation on BLER= ) on two schemes by simulation evaluation. And simulation results show Es/N0 deterioration value is almost same in Receiver (A) in spite of the interval between clusters, but Es/N0 deterioration value is deteriorated in Receiver (B) in case the interval between clusters is increased. In addition, we show the Es/N0 deterioration value becomes larger in case TU model than PA model.
キーワード (和) 巡回シフト系列 / ZC系列 / 受信処理 / 非連続帯域割当 / パイロット信号 / 上り回線 / /  
(英) Cyclic Shift Sequence / ZC sequence / Receiver / non-contiguous assignment / Pilot Signal / Uplink / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 369, RCS2009-228, pp. 121-126, 2010年1月.
資料番号 RCS2009-228 
発行日 2010-01-14 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2009-94 RCS2009-228

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 九大 
開催地(英) Kyushu Univ. 
テーマ(和) 信号処理,無線回路,ブロードバンド無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Signal Processing, Circuit for Wireless Systems, Broadband Wireless Access Techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE-Advanced上り回線の非連続帯域割当におけるチャネル推定法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pilot signal receiving process on a non-contiguous data assignment for LTE-Advanced uplink 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 巡回シフト系列 / Cyclic Shift Sequence  
キーワード(2)(和/英) ZC系列 / ZC sequence  
キーワード(3)(和/英) 受信処理 / Receiver  
キーワード(4)(和/英) 非連続帯域割当 / non-contiguous assignment  
キーワード(5)(和/英) パイロット信号 / Pilot Signal  
キーワード(6)(和/英) 上り回線 / Uplink  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 佳彦 / Yoshihiko Ogawa / オガワ ヨシヒコ
第1著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 健治 / Kenji Takagi / タカギ ケンジ
第2著者 所属(和/英) パナソニックモバイル開発研究所 (略称: パナソニックモバイル開発研)
Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co., Ltd. (略称: PMCRD)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 敬 / Takashi Iwai / イワイ タカシ
第3著者 所属(和/英) パナソニックモバイル開発研究所 (略称: パナソニックモバイル開発研)
Panasonic Mobile Communications R&D Lab. Co., Ltd. (略称: PMCRD)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 昭彦 / Akihiko Nishio / ニシオ アキヒコ
第4著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 大地 / Daichi Imamura / イマムラ ダイチ
第5著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-21 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SIP2009-94,IEICE-RCS2009-228 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.368(SIP), no.369(RCS) 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2010-01-14,IEICE-RCS-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会