お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-21 14:10
Candle on the Table:映像投影型卓上面での効率的な非WIMP型電子作業の実現
岩本和也藤田誠司木村朝子柴田史久田村秀行立命館大CQ2009-69 PRMU2009-168 SP2009-109 MVE2009-91
抄録 (和) 2D/3Dでの広視野電子作業空間での実世界指向インタフェースを研究している.今回のシステムでは,映像投影型テーブル上でカードや文書のメタファを積極的に導入し,ジェスチャ操作で効率的電子作業を実行できる「Candle (Card and Document File)on the Table」を開発した.実物の文具類操作や効果音も導入して,MR性やタンジブル度を高めている.また,カードメタファに関してはその応用事例を示し,ドキュメントメタファに関しては評価を行い考察する. 
(英) We have investigated Real-world oriented interface on the Wide-view electronic working space in 2D/3D. In our system, we employ cards and documents metaphor which can perform electronic working efficiently by using unimanual and bimanual gesture and call this system as “Candle (Card and Document File) on the Table”. In addition, we emphasize features of Mixed Reality and tangibleness by using real stationery and sound effects. Finally, we show electronic working “Candle on the Table” and the result of evaluation.
キーワード (和) ポストWIMP型インタフェース / ジェスチャ操作 / 壁面投影 / テーブルトップシステム / カードメタファ / 文書操作 / ファッションコーディネート /  
(英) Post-WIMP User Interface / Gesture Operation / Wall Projection / Table-top System / Card Metaphor / Document Handling / Fashion Coordination /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 374, PRMU2009-168, pp. 97-102, 2010年1月.
資料番号 PRMU2009-168 
発行日 2010-01-14 (CQ, PRMU, SP, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2009-69 PRMU2009-168 SP2009-109 MVE2009-91

研究会情報
研究会 PRMU SP MVE CQ  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 京大 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) クロスモーダル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2010-01-PRMU-SP-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Candle on the Table:映像投影型卓上面での効率的な非WIMP型電子作業の実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Candle on the Table:Implementation and Efficiency of Post-WIMP Electronic Data Handling on the Image-Projected Table System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ポストWIMP型インタフェース / Post-WIMP User Interface  
キーワード(2)(和/英) ジェスチャ操作 / Gesture Operation  
キーワード(3)(和/英) 壁面投影 / Wall Projection  
キーワード(4)(和/英) テーブルトップシステム / Table-top System  
キーワード(5)(和/英) カードメタファ / Card Metaphor  
キーワード(6)(和/英) 文書操作 / Document Handling  
キーワード(7)(和/英) ファッションコーディネート / Fashion Coordination  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 和也 / Kazuya Iwamoto / イワモト カズヤ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
(Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 誠司 / Seiji Fujita / フジタ セイジ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
(Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 朝子 / Asako Kimura / キムラ アサコ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
(Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 史久 / Fumihisa Shibata / シバタ フミヒサ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
(Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 秀行 / Hideyuki Tamura / タムラ ヒデユキ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
(Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-21 14:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-CQ2009-69,IEICE-PRMU2009-168,IEICE-SP2009-109,IEICE-MVE2009-91 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.373(CQ), no.374(PRMU), no.375(SP), no.376(MVE) 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2010-01-14,IEICE-PRMU-2010-01-14,IEICE-SP-2010-01-14,IEICE-MVE-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会