お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-21 12:00
[技術展示]分散処理・制御アクセスネットワークNerveNetと連携したモバイルユーザ向けインタラクティブ広告配信
井上真杉大西真晶NICT)・森野博章芝浦工大)・実藤 亨ナシュア・ソリューションズMoMuC2009-60 AN2009-56 USN2009-56
抄録 (和) NerveNetは、多種多様でダイナミックに変動し、地域性やプライベート性のあるセンサ情報を安全に所望のサーバへ伝達し、処理した各情報を複合利用して高度で多様なコンテキストアウェアサービスを提供する新世代のモバイルアクセスネットワークである。NerveNetが提供しうる未来アプリケーションのひとつがインタラクティブ広告配信である。ユーザ個人を特定できない形を取りながら、ユーザの嗜好性や位置情報に基づいて適切な内容の広告を適切なタイミングで配信する。来店率や購買率を実時間で把握して広告効果を定量的に分析し、その結果に応じて内容や配信対象、配信時刻等を店舗側が逐次チューニングできる環境を提供することができる。NerveNetの基本機能とインタラクティブ広告配信の基本概念を示す動態展示を行う。 
(英) NerveNet is a new generation mobile access network that is expected to transport various kinds of dynamically changing information about a locality and/or persons gathered from sensors to different destination servers in a secure manner in order to provide personalized context-aware services. An example of promising applications NerveNet can provide is the interactive advertisement. NerveNet provides advertisers with a platform to send right advertisement at a right timing to a group of users who share the same context such as preferences and location. The advertising stores can analyze the effect of the advertisement quantitatively by performing real-time monitoring of the number of customers who have visited the store after having received the advertisement and the number of customers who have purchased sales items after having visited the store. The stores can accordingly adapt the content and the advertising timing of the advertisement to make the advertisement more effective. We demonstrate such advertisement and environment monitoring application on a small-scale NerveNet to illustrate the basic functions of NerveNet as well as the concept of interactive advertisement.
キーワード (和) コンテキスト適応 / センサネットワーク / プラットフォーム / 無線メッシュネットワーク / / / /  
(英) context aware / sensor network / platform / wireless mesh network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, 2010年1月.
資料番号  
発行日 2010-01-14 (MoMuC, AN, USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoMuC2009-60 AN2009-56 USN2009-56

研究会情報
研究会 USN AN MoNA  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) アクトシティ浜松 
開催地(英) Actcity Hamamatsu 
テーマ(和) モバイルP2P,ユビキタスネットワーク,アドホックネットワーク,センサネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile P2P, Ubiquitous networks, Ad hoc networks, Sensor network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2010-01-USN-AN-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散処理・制御アクセスネットワークNerveNetと連携したモバイルユーザ向けインタラクティブ広告配信 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interactive Advertising for Mobile Users through Sensor and Actuator Platform Network "NerveNet" 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテキスト適応 / context aware  
キーワード(2)(和/英) センサネットワーク / sensor network  
キーワード(3)(和/英) プラットフォーム / platform  
キーワード(4)(和/英) 無線メッシュネットワーク / wireless mesh network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 真杉 / Masugi Inoue / イノウエ マスギ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 真晶 / Masaaki Ohnishi / オオニシ マサアキ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森野 博章 / Hiroaki Morino / モリノ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 実藤 亨 / Tohru Sanefuji / サネフジ トオル
第4著者 所属(和/英) ナシュア・ソリューションズ株式会社 (略称: ナシュア・ソリューションズ)
Nassua Solutions Corporation (略称: Nassua Solutions Co.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-21 12:00:00 
発表時間 240 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2009-60,IEICE-AN2009-56,IEICE-USN2009-56 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.380(MoMuC), no.381(AN), no.382(USN) 
ページ範囲 pp.37-38(MoMuC), pp.53-54(AN), pp.37-38(USN) 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-MoMuC-2010-01-14,IEICE-AN-2010-01-14,IEICE-USN-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会