お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-21 14:10
暗号化IPTVストリームに対する映像品質推定モデルの構築法
牛木一成増田征貴林 孝典NTTCQ2009-77 PRMU2009-176 SP2009-117 MVE2009-99
抄録 (和) 著者らは,IPTVサービスに対する映像品質をパケットヘッダ情報から推定する手法の確立を目指し,損失パケットが属する映像フレーム種別(I,P,Bフレーム)毎に異なる劣化伝搬長(無効フレーム数)を捉えることにより,高精度に映像品質を推定できる手法を提案してきた.無効フレーム数の計算に必要な映像フレーム種別は,TSヘッダ情報から映像フレーム開始位置を特定し,フレーム種別毎の情報量の違いを利用して推定する手法を考案した.本手法では,1GOP内の平均フレーム情報量に係数を乗じた閾値を用いてP及びBフレームを判定するが,係数は符号化システム毎に最適化する必要がある.このため,正確なフレーム種別情報を得るための非暗号化IPTVストリームを準備して映像ビットストリームを解析し,フレーム種別推定誤り率が最小となるように係数を最適化していた.しかし,IPTVサービスの多くは映像ビットストリームが暗号化されているため,正確なフレーム種別情報が得られない場合が多い.本稿では,暗号化IPTVストリームを用いて係数を最適化し,映像品質推定モデルを構築する方法を提案する.具体的には,任意の係数で求めた映像フレーム種別を用いて無効フレーム数を暫定的に算出し,無効フレーム数と主観品質評価結果の相関が高くなる係数を選定する手法である.提案手法及び従来手法により構築した映像品質推定モデルを比較評価し,提案手法の有効性を示す. 
(英) We proposed a packet-layer model that can estimate video quality of IPTV services from packet header information. This model takes into account the degraded frames (defined as "invalid frames") whose duration depends on the video frame-type (i.e., I, P, or B frames) with the lost packet and on the structure of a group of pictures (GOP). The frame-type necessary for the calculation of the number of invalid frames is estimated by extracting the starting point of each frame from TS header information and using the difference of the amount of information of each frame. To do this, it is necessary to prepare non-encrypted IPTV streams for optimizing the coefficients of the frame-type estimation model beforehand. However, non-encrypted IPTV streams cannot often be prepared because the payloads (bit-stream information) are often encrypted. In this paper, we propose a method of optimizing the coefficients of the frame-type estimation method by using encrypted IPTV streams. Concretely, the number of invalid frames is first calculated for various provisional coefficients, and a regression curve of the QoE versus invalid frame is then calculated. The coefficients with higher correlation coefficient between QoE and the invalid frame are defined as the appropriate coefficients of the frame-type estimation method.
キーワード (和) IPTV / QoE / 映像品質 / 無効フレーム / フレーム種別推定 / / /  
(英) IPTV / QoE / Video Quality / Invalid Frame / Frame Type Estimation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 373, CQ2009-77, pp. 143-148, 2010年1月.
資料番号 CQ2009-77 
発行日 2010-01-14 (CQ, PRMU, SP, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2009-77 PRMU2009-176 SP2009-117 MVE2009-99

研究会情報
研究会 PRMU SP MVE CQ  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 京大 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) クロスモーダル 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2010-01-PRMU-SP-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 暗号化IPTVストリームに対する映像品質推定モデルの構築法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Video Quality Estimation Model for Encrypted IPTV Streams 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IPTV / IPTV  
キーワード(2)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(3)(和/英) 映像品質 / Video Quality  
キーワード(4)(和/英) 無効フレーム / Invalid Frame  
キーワード(5)(和/英) フレーム種別推定 / Frame Type Estimation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 牛木 一成 / Kazunari Ushiki / ウシキ カズナリ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話(株)NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 征貴 / Masataka Masuda / マスダ マサタカ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話(株)NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 孝典 / Takanori Hayashi / ハヤシ タカノリ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話(株)NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-21 14:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2009-77,IEICE-PRMU2009-176,IEICE-SP2009-117,IEICE-MVE2009-99 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.373(CQ), no.374(PRMU), no.375(SP), no.376(MVE) 
ページ範囲 pp.143-148 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2010-01-14,IEICE-PRMU-2010-01-14,IEICE-SP-2010-01-14,IEICE-MVE-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会