お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-21 17:00
[招待講演]予防安全システム評価シミュレータSTREET
町田貴史安田浩志小里明男山田直之岩瀬竜也倉橋哲郎森 博子北岡広宣豊田中研CST2009-44
抄録 (和) 我々は車載型予防安全システムの効果検証を目的として安全システム評価シミュ
レータSTREET(Safety & Traffic REaltime Evaluation Tool)を開発し
ている.安全システムの効果評価には,全国規模の事故再現が行えるよう,多
様な交通流の再現が必須となる.そこで,交通流を構成しているのはドライバ
であることを考慮すると,ドライバの運転行動(認知,判断,操作)の模擬が必
要となる.また,評価対象となる安全システム自体の模擬も必須であり,安全
システムを構成している各種センサ類の模擬が必要となる.本報告では,
STREETの中核を担っているドライバモデル,センサ模擬機能に焦点をあて,安
全システムの効果評価を行う枠組みについて報告する. 
(英) We have developed a simulator for evaluating safety systems
(STREET). To evaluate safety systems, it is important to reproduce a
traffic and safety systems. A traffic consists of a driver behavior,
and safety systems consist of sensors and algorithms, so both a driver
behavior models and sensor simulations are needed for STREET. This
report consequently shows an overview of driver behavior models and
sensor simulations.
キーワード (和) ドライバモデル / 運転行動解析 / 交通流シミュレーション / センサシミュレーション / / / /  
(英) Driver Behavior Model / Driver Behavior Analysis / Traffic Simulation / Sensor Simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, 2010年1月.
資料番号  
発行日 2010-01-14 (CST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CST2009-44

研究会情報
研究会 MSS  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 豊田中央研究所アクタスCホール 
開催地(英) Toyota Central R&D Labs. 
テーマ(和) 組込みシステム,一般 
テーマ(英) Embedded System, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2010-01-CST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 予防安全システム評価シミュレータSTREET 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) STREET: Safety & Traffic REaltime Evaluation Tool 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ドライバモデル / Driver Behavior Model  
キーワード(2)(和/英) 運転行動解析 / Driver Behavior Analysis  
キーワード(3)(和/英) 交通流シミュレーション / Traffic Simulation  
キーワード(4)(和/英) センサシミュレーション / Sensor Simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 町田 貴史 / Takashi Machida / マチダ タカシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs. (略称: Toyota Central R&D Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 浩志 / Hiroshi Yasuda / ヤスダ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs. (略称: Toyota Central R&D Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小里 明男 / Akio Kozato / コザト アキオ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs. (略称: Toyota Central R&D Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 直之 / Naoyuki Yamada / ヤマダ ナオユキ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs. (略称: Toyota Central R&D Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩瀬 竜也 / Tatsuya Iwase / イワセ タツヤ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs. (略称: Toyota Central R&D Labs.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉橋 哲郎 / Tetsuo Kurahashi / クラハシ テツオ
第6著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs. (略称: Toyota Central R&D Labs.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 博子 / Hiroko Mori / モリ ヒロコ
第7著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs. (略称: Toyota Central R&D Labs.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 北岡 広宣 / Hironobu Kitaoka / キタオカ ヒロノブ
第8著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs. (略称: Toyota Central R&D Labs.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-21 17:00:00 
発表時間 50 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-CST2009-44 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.367 
ページ範囲 pp.43-44 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-CST-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会