お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-21 09:20
無線アドホックネットワークにおけるスマートアンテナを用いた指向性傍受MACプロトコル
河井政宏大野雅幸宮路祐一上原秀幸大平 孝豊橋技科大AN2009-44
抄録 (和) 近年,無線アドホックネットワークにおいて電子制御により指向性を制御可能なスマートアンテナの利用が注目されている.スマートアンテナは,アンテナのビーム方向を所望方向に制御ができる.故に,スマートアンテナを利用した通信は,空間利用効率の向上および通信距離の拡張が期待できる.しかしその反面,スマートアンテナを利用する故に生じる問題が存在する.本稿では,指向性隠れ端末問題とDeafness問題に着目し,両問題に対処する指向性傍受方式と切り替え型バックオフ方式を提案する.指向性傍受方式は,データパケット送信後,宛先端末に対して指向性ビームを向けて傍受することにより,指向性隠れ端末問題に対処する方式である.切り替え型バックオフ方式は,自端末がDeafness端末である間のみバックオフ間隔を固定することにより,Deafness問題に対処する方式である.そして,計算機シミュレーションを行うことで,提案方式が従来方式より問題の影響を減少させ,スループット特性が向上することを示す. 
(英) Recently, many works in wireless ad hoc networks assume the use of smart antennas which can electronically control their radiation direction. Communications using smart antennas can be expected to improve the space utilization efficiency and to extend communication distance. However, there are some unique problems caused by use of the smart antennas. In this paper, we focus on the directional hidden terminal and the deafness problems. We propose the directional monitoring scheme and the variable backoff scheme for overcoming these problems. The directional monitoring scheme can solve the directional hidden terminal problem by monitoring the direction toward the destination after sending the data packet. The variable backoff sheme can overcome deafness loss time by keeping backoff-interval as long as the terminal is deaf. Comparing the proposed scheme with conventional schemes by computer simulation, we show that the proposed scheme mitigates the suffering from these problems and it achieves high throughput.
キーワード (和) アドホックネットワーク / スマートアンテナ / メディアアクセス制御 / 指向性傍受 / / / /  
(英) Ad hoc Networks / Smart Antennas / Medium Access Control / Directional Monitoring / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 381, AN2009-44, pp. 1-6, 2010年1月.
資料番号 AN2009-44 
発行日 2010-01-14 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AN2009-44

研究会情報
研究会 USN AN MoNA  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) アクトシティ浜松 
開催地(英) Actcity Hamamatsu 
テーマ(和) モバイルP2P,ユビキタスネットワーク,アドホックネットワーク,センサネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile P2P, Ubiquitous networks, Ad hoc networks, Sensor network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2010-01-USN-AN-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線アドホックネットワークにおけるスマートアンテナを用いた指向性傍受MACプロトコル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Directional Monitoring MAC Protocol Using Smart Antennas in Wireless Ad Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad hoc Networks  
キーワード(2)(和/英) スマートアンテナ / Smart Antennas  
キーワード(3)(和/英) メディアアクセス制御 / Medium Access Control  
キーワード(4)(和/英) 指向性傍受 / Directional Monitoring  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河井 政宏 / Masahiro Kawai / カワイ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 雅幸 / Masayuki Ohno / オオノ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮路 祐一 / Yuichi Miyaji / ミヤジ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 秀幸 / Hideyuki Uehara / ウエハラ ヒデユキ
第4著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 孝 / Takashi Ohira / オオヒラ タカシ
第5著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-21 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2009-44 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.381 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会