お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-21 10:45
可視光を用いたHAFコードの心線対照方法の提案と基本検討
青笹真一榎本圭高東 裕司NTTOFT2009-63
抄録 (和) ホールアシストファイバ(HAF)は曲げ損失耐性に優れ、既に宅内用のコードとして導入されており、所内配線への適用も期待される。しかし、優れた曲げ損失特性であるが故に、現在保守で用いている1650nmの心線対照光に対しても殆ど曲げ損失が発生せず対照光の漏光が発生しないため、従来のIDテスタでは対照が困難であった。本稿では、対照光に可視光を用いる事で、低曲げ損失であるホールアシストファイバを内包する光コードにおいても通信に影響を与えず心線対照する方法を提案する。可視光であるため、IDテスタを使用せずとも視認で心線対照を実現する。 
(英) Hole-assisted optical fiber (HAF) cord hardly generates any bending loss when bent with a small radius, and has already been installed in the optical fiber home network, and is expected to be applied to optical fiber distribution in Central office (CO). However, HAF strongly confines a 1650 nm identification light which is used for current maintenance, therefore current identifier cannot be applied to HAF. We proposed a HAF cord identification method employing a visible identification light that does not affect communication. Furthermore, the method allows us to identify the HAF cord with the naked eye by using manual bending without an identifier in usual room right.
キーワード (和) ホールアシストファイバ / 所内配線 / IDM / 心線対照 / 可視光 / / /  
(英) Hole assisted fiber / Central office / Integrated Distribution Module / Optical Distribution / Indentification technique / Visible light / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 377, OFT2009-63, pp. 5-8, 2010年1月.
資料番号 OFT2009-63 
発行日 2010-01-14 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2009-63

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2010-01-21 - 2010-01-22 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣島) 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2010-01-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 可視光を用いたHAFコードの心線対照方法の提案と基本検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hole-assisted optical fiber cord identification technique employing visible light 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホールアシストファイバ / Hole assisted fiber  
キーワード(2)(和/英) 所内配線 / Central office  
キーワード(3)(和/英) IDM / Integrated Distribution Module  
キーワード(4)(和/英) 心線対照 / Optical Distribution  
キーワード(5)(和/英) 可視光 / Indentification technique  
キーワード(6)(和/英) / Visible light  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青笹 真一 / Shinichi Aozasa / アオザサ シンイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTアクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Service System Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎本 圭高 / Yoshitaka Enomoto / エノモト ヨシタカ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTアクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Service System Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東 裕司 / Yuji Azuma / アズマ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTアクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Service System Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-21 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2009-63 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.377 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OFT-2010-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会