電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-14 16:10
共通認証基盤構築の意義と学術認証フェデレーションの直面する政策上の課題について
庄司勇木山地一禎中村素典曽根原 登NIIIN2009-116
抄録 (和) 共通認証基盤の普及は、インターネットの付加価値を高めるものとして期待されている。固定インターネットでは、ISP、OpenID、学術認証フェデレーションなどにより提供されているが、現状ではあまり普及していない。本研究では、共通認証基盤のもつビジネスモデル上の性質を、二面性の市場の経済モデルを用いて明らかにするとともに、各共通認証基盤についての評価を行なう。また、学術認証フェデレーションのもつ公的な意義と直面する課題についても考察を行う。 
(英) The diffusion of common authentication platforms has been expected to add value to the internet. Although they have been already provided by ISP, OpenID and the UPKI Federation in the fixed internet, they have not been spread. In this study, characteristic of business model of such common authentication platform will be examined by using two-sided economic and evaluation of each platforms will be made. In addition to it, the expection of the UPKI Federation and problems it confronts will be considered.
キーワード (和) 認証 / 二面性の市場 / シボレス / オープンID / フェデレーション / 個人情報保護 / 産業組織論 /  
(英) Authentication / Two-sided Market / Shibboleth / OpenID / Federation / Privacy Policy / Industrial Organization /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 362, IN2009-116, pp. 35-40, 2010年1月.
資料番号 IN2009-116 
発行日 2010-01-07 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2009-116

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2010-01-14 - 2010-01-15 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) コンテンツ配信,コンテキストアウェアネス,IPv6,認証,ID/名前管理および一般 
テーマ(英) Contents Delivery, Context-aware, IPv6, Authentication, Identity/Naming Management, etc... 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2010-01-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共通認証基盤構築の意義と学術認証フェデレーションの直面する政策上の課題について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Significance of Creating the Common Authentication Platform and Political Issues which the UPKI Federation Confronts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 認証 / Authentication  
キーワード(2)(和/英) 二面性の市場 / Two-sided Market  
キーワード(3)(和/英) シボレス / Shibboleth  
キーワード(4)(和/英) オープンID / OpenID  
キーワード(5)(和/英) フェデレーション / Federation  
キーワード(6)(和/英) 個人情報保護 / Privacy Policy  
キーワード(7)(和/英) 産業組織論 / Industrial Organization  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄司 勇木 / Yuki Shoji / ショウジ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山地 一禎 / Kazutsuna Yamaji / ヤマジ カズツナ
第2著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 素典 / Motonori Nakamura / ナカムラ モトノリ
第3著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽根原 登 / Noboru Sonehara / ソネハラ ノボル
第4著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-14 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2009-116 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.362 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2010-01-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会