お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-09 15:15
[招待講演]肢体不自由者支援技術研究のレビューと将来への展望
伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンターWIT2009-80
抄録 (和) 肢体不自由者が直面する問題には,大まかには移動に関する問題とコミュニケーションに関する問題が存在し,本レビューでは後者を取り上げる.脳性まひ者や進行性筋ジストロフィー患者,ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者等全身性の運動機能障害がある場合には,言葉の発声,文字の書字等の直接的なコミュニケーション手段をとることが困難であり,自らの意思を如何に伝達するか,ということが問題となる.その際,わずかな身体機能に適したスイッチや装置を用いて意思を伝達することになるが,多様な症状や身体特性を持つ障害者に適したコミュニケーション環境を如何に提供していくか,が課題となる.また,障害者の身体機能のみに着目するだけではなく,支援者を含めた生活環境全体を把握して対応することも重要である.一方,意思の伝達とは別カテゴリーになるが,近年の情報社会においてはパソコン等の情報端末を操作するための入力代用装置の開発も必要となる. 
(英) Persons with physical disabilities (ex. cerebral palsy, muscular dystrophy, ALS patients) encounter with roughly two barrier, mobility and communication problem. They have difficulty in speaking, writing sentence, communicating with another person. Although they can use AAC (Augmentative and Alternative Communication) device in this case, it is important to considerate how to proffer suitable communicate circumstances for them. We have to consider total daily living condition including helper and their families. And we have to develop keyboard and mouse emulator to operate personal computer by themselves to get a lot of information and take participation in society.
キーワード (和) 支援技術 / 重度肢体不自由者 / 意思伝達 / 情報通信技術 / / / /  
(英) Assistive Technology / Persons with physical disabilities / Human Communication / Information Technology / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 358, WIT2009-80, pp. 73-78, 2010年1月.
資料番号 WIT2009-80 
発行日 2010-01-01 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2009-80

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2010-01-08 - 2010-01-09 
開催地(和) 芝浦工大(豊洲) 
開催地(英) Shibaura Univ. 
テーマ(和) 福祉情報工学,一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2010-01-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 肢体不自由者支援技術研究のレビューと将来への展望 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Review and prospect of assistive technology for persons with physical disabilities 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 支援技術 / Assistive Technology  
キーワード(2)(和/英) 重度肢体不自由者 / Persons with physical disabilities  
キーワード(3)(和/英) 意思伝達 / Human Communication  
キーワード(4)(和/英) 情報通信技術 / Information Technology  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 和幸 / Kazuyuki Itoh / イトウ カズユキ
第1著者 所属(和/英) 国立障害者リハビリテーションセンター研究所 (略称: 国立障害者リハビリテーションセンター)
Research Institute, National Rehabilitation Center for Persons with Disabilities (略称: Res. Inst., Nat. Rehab. Center)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-09 15:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2009-80 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.358 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2010-01-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会