電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-21 17:05
非線形素子に対する陰的ルンゲ・クッタ法の等価モデル
遠山恭彦白滝 順奥村万規子神奈川工科大NLP2009-138
抄録 (和) 高次積分法である陰的ルンゲ・クッタ法の3 次ラダウIIA,4 次ロバットIIIA を非線形素子へ適用する.陰的ルンゲ・クッタ法は各離散時刻における等価回路で,現在の時刻と中間時刻の回路を同時に解かなければならないため,回路規模が大きくなる.さらに非線形の評価に現在の時刻と中間の時刻の値も必要となるため,従来法より演算に時間がかかる.しかし陰的ルンゲ・クッタ法は高次積分法であるので,従来法と同じ精度を得るために大きい積分刻み幅をとることができる.本論文では非線形素子を含む回路での演算時間の比較より,大規模回路においては非線形素子の計算が多くなるため,陰的ルンゲ・クッタは小規模で精度の求められる回路に適することを示す. 
(英) This paper describes a method of implementing 3rd order-RadauIIA and 4th order-LobattoIIIA of im-
plicit Runge-Kutta formulas into circuit simulators for nonlinear circuits as numerical integration. In IRK methods,
the size of equivalent circuit becomes larger than the numerical integration in conventional circuit simulators, be-
cause the equivalent circuit at an intermediate time between past and present time are needed in addition to the
equivalent circuit at present time. Furthermore, computational costs for the implicit Runge-Kutta methods a longer
than the trapezoidal because solution at present and intermediate time are necessary in nonlinear evaluation. This problem is solved by using larger time step for numerical integration compared to conventional methods to save calculation time, since Radau-s2 and Lobatto-s3 of IRK formulas have high orders. In this paper, we compared computational costs of the circuit includes nonlinear elements. As a result, we show that the calculations of the nonlinear elements increase in large scale circuit. Therefore, we show that inplicit Runge-kutta methods are suitable for a small scale circuit demanded the accuracy.
キーワード (和) 陰的ルンゲ・クッタ法 / 3 次ラダウIIA / 4 次ロバットIIIA / 非線形素子 / 台形公式法 / 積分刻み幅 / /  
(英) Implicit Runge-Kutta methods / 3rd order-RadauIIA / 4th order-LobattoIIIA / nonlinear elements / Trapezoidal / Numerical integration time step / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 354, NLP2009-138, pp. 65-70, 2009年12月.
資料番号 NLP2009-138 
発行日 2009-12-14 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2009-138

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2009-12-21 - 2009-12-21 
開催地(和) つなぎ温泉 清温荘 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2009-12-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形素子に対する陰的ルンゲ・クッタ法の等価モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Equivalent models of implicit Runge-Kutta methods for nonlinear elements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 陰的ルンゲ・クッタ法 / Implicit Runge-Kutta methods  
キーワード(2)(和/英) 3 次ラダウIIA / 3rd order-RadauIIA  
キーワード(3)(和/英) 4 次ロバットIIIA / 4th order-LobattoIIIA  
キーワード(4)(和/英) 非線形素子 / nonlinear elements  
キーワード(5)(和/英) 台形公式法 / Trapezoidal  
キーワード(6)(和/英) 積分刻み幅 / Numerical integration time step  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠山 恭彦 / Yasuhiko Tohyama / トオヤマ ヤスヒコ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白滝 順 / Jun Shirataki / シラタキ ジュン
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 万規子 / Makiko Okumura / オクムラ マキコ
第3著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-21 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2009-138 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.354 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2009-12-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会