お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-18 11:30
若手が国際的に活躍するために(仮題)
玉木 徹広島大)・植松裕子慶大)・近藤一晃京大)・酒井智弥千葉大)・島田敬士九大)・出口大輔名大)・山下隆義オムロンPRMU2009-148
抄録 (和) グランドチャレンジとして掲げられたテーマの研究分野を今後10年をリードする
のは、現在の若手である修士・博士の学生や若手研究者達である。遠くない将来
において、日本の若手研究者がそれらの研究分野で国際的に活躍するためには、
現在何が問題で、今後何が必要なのだろうか。本講演では、若手が国際的に活躍
するにはどうしたらよいのだろうかということについて、若手自身が様々な側面
から問題を提起する。 
(英) Young researchers, including master course and PhD students, are
expected to lead fields of topics discussed in the PRMU Grand Challenge.
However, what is a hurdle today and what will be required tomorrow for
young researchers to be active internationally in the research fields?
This talk might give an interesting discussion about the issue.
キーワード (和) 若手研究者 / / / / / / /  
(英) young researchers / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 344, PRMU2009-148, pp. 59-60, 2009年12月.
資料番号 PRMU2009-148 
発行日 2009-12-10 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2009-148

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2009-12-17 - 2009-12-18 
開催地(和) 藤原総合文化会館(日光・鬼怒川) 
開催地(英) Fujihara Cultural Center 
テーマ(和) パターン認識とメディア理解のフロンティアとグランドチャレンジ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2009-12-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 若手が国際的に活躍するために(仮題) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) What makes young researchers active in international community? 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 若手研究者 / young researchers  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉木 徹 / Toru Tamaki / タマキ トオル
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 植松 裕子 / Yuko Uematsu / ウエマツ ユウコ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 一晃 / Kazuaki Kondo / コンドウ カズアキ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 智弥 / Tomoya Sakai / サカイ トモヤ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 敬士 / Atsushi Shimada / シマダ アツシ
第5著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 出口 大輔 / Daisuke Deguchi / デグチ ダイスケ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 隆義 / Takayoshi Yamashita / ヤマシタ タカアキ
第7著者 所属(和/英) オムロン (略称: オムロン)
Omron Corporation (略称: Omron Corp.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-18 11:30:00 
発表時間 35 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2009-148 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.344 
ページ範囲 pp.59-60 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-PRMU-2009-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会