電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-18 13:55
Ag接点の開離アーク消滅時ギャップ長と接点開離速度との関係に関する実験的検討
長谷川 誠須藤あすか千歳科技大EMD2009-108 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2009-108
抄録 (和) Ag接点の開離アーク消滅時ギャップ長に対する接点開離速度の影響を検討するために、直流誘導性負荷回路ならびに抵抗性負荷回路にて14V-0.1~2.0Aの電流を開離速度0.5 mm/s、1 mm/s、2 mm/s、5 mm/s、10 mm/sで遮断し、アーク継続時間を測定した。その結果から平均アーク継続時間を算出し、その値と開離速度との積として平均アーク消滅時ギャップ長を求めた。誘導性負荷回路では、開離速度が大きくなるにしたがって平均アーク消滅時ギャップ長が長くなる傾向が認められ、負荷電流レベルが大きいほど、その傾向は顕著に観察された。抵抗性負荷回路の場合、平均アーク消滅時ギャップ長は数nm~数十nmのオーダであるが、開離速度が大きくなるにしたがって同様に長くなる傾向が観察された。 
(英) In order to study the influences of contact opening speeds on arc extinction gap length characteristics, Ag contacts were operated to break DC inductive and resistive load currents from 0.1 A to 2.0 A at 14 V with contact opening speeds of 0.5mm/s, 1 mm/s, 2 mm/s, 5 mm/s and 10 mm/s in a switching mechanism employing a stepping motor, and arc voltage waveforms were observed at each opening of the contacts. From the results, the average arc durations were determined at each current level under the respective contact opening speeds, and the average arc extinction gap lengths were calculated by multiplying the average arc duration value and the contact opening speed value. It was found that with increasing the contact opening speeds, arc extinction gaps became larger in the inductive load conditions. In the resistive load conditions, the similar tendencies were also observed, although the gap lengths were on the order of several tens nm or less.
キーワード (和) アーク放電 / アーク消滅時ギャップ長 / 接点開離速度 / 最小アーク電流 / Ag接点 / / /  
(英) Arc discharge / Arc extinction gap length / Contact opening speed / Minimum arc current / Ag contacts / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 352, EMD2009-108, pp. 11-16, 2009年12月.
資料番号 EMD2009-108 
発行日 2009-12-11 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2009-108 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2009-108

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2009-12-18 - 2009-12-18 
開催地(和) 千葉工業大学 津田沼キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2009-12-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Ag接点の開離アーク消滅時ギャップ長と接点開離速度との関係に関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An experimental study on relationships between contact opening speeds and arc extinction gap lengths at break of Ag contacts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アーク放電 / Arc discharge  
キーワード(2)(和/英) アーク消滅時ギャップ長 / Arc extinction gap length  
キーワード(3)(和/英) 接点開離速度 / Contact opening speed  
キーワード(4)(和/英) 最小アーク電流 / Minimum arc current  
キーワード(5)(和/英) Ag接点 / Ag contacts  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 誠 / Makoto Hasegawa / ハセガワ マコト
第1著者 所属(和/英) 千歳科学技術大学 (略称: 千歳科技大)
Chitose Institute of Science and Technology (略称: Chitose Inst. of Sci. & Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 須藤 あすか / Asuka Sudo / スドウ アスカ
第2著者 所属(和/英) 千歳科学技術大学 (略称: 千歳科技大)
Chitose Institute of Science and Technology (略称: Chitose Inst. of Sci. & Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-18 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2009-108 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.352 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMD-2009-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会