お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-18 15:40
方向性エッジヒストグラムマッチングVLSIプロセッサを用いた実時間3次元動きフィールド生成システム
申 丞鎬柴田 直東大PRMU2009-153
抄録 (和) 本稿では、3次元空間における物体の動き場が実時間で生成できる新たなシステムについて提案する。我々の研究室で開発されたブロックマッチングVLSIプロセッサは、方向性エッジヒストグラムマッチングを用いることでブロックマッチングにかかる演算コストを大幅に削減でき、二次元の動き場の場合ソフトウェアの処理よりおよそ18000倍の高速で動き場が生成できる。我々は3次元空間における動き場を生成するために、このプロセッサを用いてステレオマッチング法を行うことで相対視差画像を生成し、室内空間における人間の奥行き方向の動きを±2の感度で検出することに成功した。 
(英) In this paper, we will present a new system that detects three-dimensional motion fields very efficiently based on the VLSI processor dedicated to block matching operations. Thanks to the directional-edge histogram matching algorithm employed in the processor, computational cost for best match search has been substantially reduced. As a result, the processor can generate two-dimensional motion fields about 180,000 times faster than software processing. In order to detect three-dimensional motions, disparity images are produced by using a pair of the directional-edge histogram matching VLSI processors, and ±2-pixel z-axis motion elements are detected to form three-dimensional motion fields.
キーワード (和) 3次元動きフィールド / 実時間 / VLSI プロセッサ / 方向性エッジ / ステレオマッチング / / /  
(英) 3D Motion Field / Real-Time / VLSI Processor / Directional-Edge / Stereo Matching / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 344, PRMU2009-153, pp. 83-88, 2009年12月.
資料番号 PRMU2009-153 
発行日 2009-12-10 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2009-153

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2009-12-17 - 2009-12-18 
開催地(和) 藤原総合文化会館(日光・鬼怒川) 
開催地(英) Fujihara Cultural Center 
テーマ(和) パターン認識とメディア理解のフロンティアとグランドチャレンジ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2009-12-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 方向性エッジヒストグラムマッチングVLSIプロセッサを用いた実時間3次元動きフィールド生成システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Real-Time 3D Motion Field Generation System employing Directional-Edge Histogram Matching VLSI Processors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3次元動きフィールド / 3D Motion Field  
キーワード(2)(和/英) 実時間 / Real-Time  
キーワード(3)(和/英) VLSI プロセッサ / VLSI Processor  
キーワード(4)(和/英) 方向性エッジ / Directional-Edge  
キーワード(5)(和/英) ステレオマッチング / Stereo Matching  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 申 丞鎬 / Seungho Shin / シン スンホ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 直 / Tadashi Shibata / シバタ タダシ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-18 15:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2009-153 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.344 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2009-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会