電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-17 10:30
RFタグの階層化グループ証明
佐藤友紀三次 仁慶大)・片山 穣中田 広清水雅史NTT)・中村 修村井 純慶大
抄録 (和) 複数のモノをグループ化し、別の場所や別の時間にそのグループに属するモノの存在を確認する手法(グループ証明)を提案する。提案手法ではRFタグのユニークIDのハッシュ値によって計算されるグループIDをRFタグに書き込むことによって、外部のベリファイヤやデータベースにアクセスできない、いわゆるオフライン環境で、グループ証明を実現する。グループIDを付与することによって余剰なRFタグの検出は簡単に行え、また、RFタグのグループを階層化することによって、グループから欠落したサブグループや欠落したRFタグを特定することもできる。本稿では、ハッシュ関数の違いによるグループIDの意図しない合致確率や効率的な階層化グループの設定方法を検討するとともに、HF帯のRFID(ISO/IEC 15693)に提案手法を実装し、5個のRFタグに対するグループ確認は約0.03秒であり実用的なレベルであることを示す。 
(英) Real-space things often make groups. Confirmation of a group is usually referred to as grouping proof. In this paper, a grouping proof method which does not require an external verifier and data-base access is proposed. The proposed method leverages the read and write functionality of RF tag. A hash number is derived from unique ID of an RF tag. The exclusive OR operation of the hash numbers in a group yields a group ID, which is written into each RF tags memory. With the group ID we can identify unexpected involvement of things. We also can detect and identify missing object (RF tag) using a hierarchical group coding. The probability of the false-positiveness is mathematically evaluated. The practicability and required time to make a group and confirmation are also evaluated with an HF RFID system. The confirmation of a group of five tags requires about 0.03 second, which shows the practicability of the proposal.
キーワード (和) RFID / グループ証明 / 階層化 / CRC / ユニークID / ハッシュ / /  
(英) RFID / Grouping / Hierarchical / CRC / Unique ID / Hash / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 338, SIS2009-31, pp. 1-5, 2009年12月.
資料番号 SIS2009-31 
発行日 2009-12-10 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2009-12-17 - 2009-12-18 
開催地(和) 京都商工会議所 第2会議室 
開催地(英)  
テーマ(和) システムオンシリコン,RFID技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2009-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RFタグの階層化グループ証明 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hierachical Grouping Proof of RF Tags 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RFID / RFID  
キーワード(2)(和/英) グループ証明 / Grouping  
キーワード(3)(和/英) 階層化 / Hierarchical  
キーワード(4)(和/英) CRC / CRC  
キーワード(5)(和/英) ユニークID / Unique ID  
キーワード(6)(和/英) ハッシュ / Hash  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 友紀 / Yuki Sato / サトウ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三次 仁 / Jin Mitsugi / ミツギ ジン
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 穣 / Minoru Katayama / カヤタマ ミノル
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telephone and Telegraph Corp (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 広 / Hiroshi Nakada / ナカダ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telephone and Telegraph Corp (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 雅史 / Masafumi Shimizu / シミズ マサシ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telephone and Telegraph Corp (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 修 / Osamu Nakamura / ナカムラ オサム
第6著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 村井 純 / Jun Murai / ムライ ジュン
第7著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-17 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2009-31 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.338 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SIS-2009-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会