電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-16 14:15
ある種のFeistel構造における最大差分特性確率のViterbi探索について
五十嵐保隆金子敏信東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ある種のFeistel構造を持つブロック暗号の最大差分特性確率($DCP_{max}$)を
Viterbiアルゴリズムを用いて探索する。$DCP_{max}$は差分解読に対する耐性
指標であり、その上界はViterbiアルゴリズムを用いたtruncationパス探索によ
り得られる。Truncationのビットサイズは段関数内の線形変換の入出力ビット
サイズよりも小さいものとする。我々はある種のFeistel構造においてtruncationパ
スを探索すると、実際には存在しない虚なパスが最適パスとして得られることを示
す。そこで我々は、こうした虚なパスを排除可能な新しい探索アルゴリズムを
提案する。提案アルゴリズムにより従来よりもタイトな$DCP_{max}$の上界を得
ることが可能となる。 
(英) We study a Viterbi search for the maximum differential characteristic probability ($DCP_{max}$) of a symmetric-key cipher with a certain Feistel structure (CFS). $DCP_{max}$ is a security index of differential cryptanalysis. The upper bound of $DCP_{max}$ is given by a truncated-path search with Viterbi algorithm. The bit size of input/output of linear transformation in round function is larger than a truncation-bit size in CFS. We show that the truncated-path search gives an imaginary path as the resultant optimum path in CFS, which cannot be connected as a real path. We also propose a new search algorithm to eliminate such imaginary paths. Our algorithm can give the upper bound of $DCP_{max}$ tighter than conventional one.
キーワード (和) Feistel / Viterbiアルゴリズム / 差分特性確率 / truncation / / / /  
(英) Feistel / Viterbi algorithm / differential characteristic probability / truncation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 337, ISEC2009-74, pp. 23-27, 2009年12月.
資料番号 ISEC2009-74 
発行日 2009-12-09 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2009-12-16 - 2009-12-16 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2009-12-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ある種のFeistel構造における最大差分特性確率のViterbi探索について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Viterbi search for the maximum differential characteristic probability of a cipher with certain Feistel structure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Feistel / Feistel  
キーワード(2)(和/英) Viterbiアルゴリズム / Viterbi algorithm  
キーワード(3)(和/英) 差分特性確率 / differential characteristic probability  
キーワード(4)(和/英) truncation / truncation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 五十嵐 保隆 / Yasutaka Igarashi / イガラシ ヤスタカ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 敏信 / Toshinobu Kaneko / カネコ トシノブ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-16 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2009-74 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.337 
ページ範囲 pp.23-27 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ISEC-2009-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会