電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-15 14:20
連続時間バンドバスΔΣAD変調器の高性能化の検討
林 海軍元澤篤史群馬大)・ロレ パスカル飯塚邦彦シャープ)・小林春夫群馬大)・傘 昊東京都市大)・高井伸和群馬大エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2009-99
抄録 (和) この論文では高速サブサンプリング連続時間ΔΣAD変調回路の高性能化を実現のための解析と回路設計を論じる.ΔΣAD変調回路内部のループ発振回路の有限Q値によってAD変換精度(SNDR)に及ぼす影響を解析した, この有限Q値の影響の対策としてデジタルフィルタを追加しノイズ伝達関数にゼロ点を加え全体SNDR向上する手法を検討,SNDRが20dB改善したことを確認した. また変調回路のループ遅延によるSNDR劣化に対し,変調回路のパラメータをループ遅延値に対して調整することによってループ遅延の影響に対しSNDRが20dB改善したことを確認した. SPICEによるトランジスタレベルシミュレーションで検討方法の有効性を確認した. 
(英) This paper describes the design and analysis of a high-resolution continuous-time bandpass ΔΣAD modulator for RF sampling. We determine the SNDR degradation due to finite Q value of the loop resonator, and due to excess loop delay (ELD). SNDR is improved by 20dB by adding a digital filter which compensates for the effect of finite Q value, and SNDR is further improved by 20dB by parameters optimized to compensate for ELD. We have confirmed the effectiveness of the digital filter and parameters optimized method using Matlab and SPICE simulations.
キーワード (和) RFサンプリング / バンドパス / 連続時間ΔΣAD変調器 / Q値 / ループ遅延 / サブサンプリング / /  
(英) RF Sampling / Continuous-Time ΔΣAD Modulator / Q value / Excess Loop Delay / Sub-sampling / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 336, ICD2009-99, pp. 127-132, 2009年12月.
資料番号 ICD2009-99 
発行日 2009-12-07 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 ICD  
開催期間 2009-12-14 - 2009-12-15 
開催地(和) 静岡大学(浜松) 
開催地(英) Shizuoka University (Hamamatsu) 
テーマ(和) 若手研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2009-12-ICD 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 連続時間バンドバスΔΣAD変調器の高性能化の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of High Resolution Continuous-Time Bandpass Delta-Sigma AD Modulator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RFサンプリング / RF Sampling  
キーワード(2)(和/英) バンドパス / Continuous-Time ΔΣAD Modulator  
キーワード(3)(和/英) 連続時間ΔΣAD変調器 / Q value  
キーワード(4)(和/英) Q値 / Excess Loop Delay  
キーワード(5)(和/英) ループ遅延 / Sub-sampling  
キーワード(6)(和/英) サブサンプリング /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 海軍 / Haijun Lin / リン カイグン
第1著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 元澤 篤史 / Atushi Motozawa / モトザワ アツシ
第2著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ロレ パスカル / Pascal Lo Re /
第3著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯塚 邦彦 / Kunihiko Iizuka / イイヅカ クニヒコ
第4著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 春夫 / Haruo Kobayashi / コバヤシ ハルオ
第5著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 傘 昊 / Hao San / サン コウ
第6著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 高井 伸和 / Nobukazu Takai / タカイ ノブカズ
第7著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-15 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2009-99 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.336 
ページ範囲 pp.127-132 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICD-2009-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会