お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-12 09:00
サイバー視聴覚教育システムに潜在する一問題点 ~ Relationism-First:技術と社会・倫理からの一見解 ~
藤田幸史尾道大)・太田光雄広島大SITE2009-41
抄録 (和) 時に、量的調査の伴う存在科学と質的調査が主な価値科学間の架橋にこそ教育学学問の自律性があるといわれる。すなわち、本報告では中心をRelationism-Firstのもと質的と量的、Top downの規範的とBottom upの記述的側面から特にその潜在的危険性に関する2大側面に置く。前者の立場では、サイバー視聴覚教育システムが追い込むであろう生命を見せる対面教育が希薄化してゆく非人間化への危険性に触れる。後者の立場では、EUに比し特に日本では遅れて後追いがちで今後徐々に顕在化してゆくであろう波動的環境問題(音、光、電磁波etc)のサイバー視聴覚教育システムに及ぼす負の影響・潜在的危険性に対して、我々の一見解にあえて強く触れてみる。 
(英) Sometimes, it is said that the pedagogy has the autonomy as learning just in bridge-building between the ontological science accompanied with quantitative investigation and the science for values mainly accompanied with qualitative investigation. That is, in this paper, two sides related to the latent risk which are qualitative or quantitative and normative from the top down way viewpoint or descriptive from the bottom up way viewpoint, are taken in the center of our consideration. From the standpoint of the former, we shall discuss especially the risk of having inhumanness due to weakening face-to-face education which will be induced by cyber audiovisual system for education. From the standpoint of the latter, we dare to propose a view of us of the negative reflection and the latent risk for the wavy environmental problem (sound, light, electromagnetic waves and etc.) exerted in cyber audiovisual system for education whose recognition in Japan is apt to be followed too late behind compared to one in EU.
キーワード (和) サイバー視聴覚教育システム / Relationism-First / 波動的環境問題 / 拡張型相関分析 / 教育科学 / / /  
(英) Cyber audiovisual system for education / Relationism-First / Wavy Environmental Problem, / Extended correlation analysis / Science for education / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 330, SITE2009-41, pp. 55-60, 2009年12月.
資料番号 SITE2009-41 
発行日 2009-12-04 (SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2009-41

研究会情報
研究会 SITE IPSJ-CE  
開催期間 2009-12-11 - 2009-12-12 
開催地(和) 広島大学 
開催地(英) Hiroshima Univ. 
テーマ(和) ソーシャル・ネットワークと情報教育関係 
テーマ(英) About Social Network and Information Education 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2009-12-SITE-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サイバー視聴覚教育システムに潜在する一問題点 
サブタイトル(和) Relationism-First:技術と社会・倫理からの一見解 
タイトル(英) An Issue Lantent in Cyber Audiovisual Systems for Education 
サブタイトル(英) Relationism-First: A View from Technology and Society, Ethics 
キーワード(1)(和/英) サイバー視聴覚教育システム / Cyber audiovisual system for education  
キーワード(2)(和/英) Relationism-First / Relationism-First  
キーワード(3)(和/英) 波動的環境問題 / Wavy Environmental Problem,  
キーワード(4)(和/英) 拡張型相関分析 / Extended correlation analysis  
キーワード(5)(和/英) 教育科学 / Science for education  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 幸史 / Yoshifumi Fujita / フジタ ヨシフミ
第1著者 所属(和/英) 尾道大学 (略称: 尾道大)
Onomichi University (略称: Onomichi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 光雄 / Mitsuo Ohta / オオタ ミツオ
第2著者 所属(和/英) 広島大学名誉教授 (略称: 広島大)
Emeritus Professor of Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-12 09:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-SITE2009-41 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.330 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2009-12-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会