電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-11 16:00
音質改善のための直流成分を用いた音楽電子透かし法
村田晴美荻原昭夫岩田 基汐崎 陽阪府大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 様々な攻撃に対して高い耐性を有する音楽電子透かしとして振幅の増減に基づく音楽電子透かしがLieらにより提案されている.しかし,埋め込み容量を増加させることにより音質が劣化するという問題がある.そこで本発表では,人の耳に知覚されない直流成分に着目した音質改善手法を提案する.実験の結果より,透かしの耐性を維持しながら音質の主観的評価が向上したことを確認した. 
(英) The audio watermarking method, “the audio watermarking method based on amplitude modification,” has been proposed by W. N. Lie as a prevention technique against copyright infringement. We have increased the capacity of watermark information by embedding multiple watermarks. However, the multiple embedding causes the deterioration of sound quality. And hence, we propose the sound quality improvement method focused on the DC component which is not perceived by human ears. From experimental results, we confirmed that the subjective sound quality was improved as the robustness was maintained.
キーワード (和) 音楽電子透かし / 埋め込み多重化 / 直流成分 / / / / /  
(英) Audio Watermarking / Multiple Embedding / DC Component / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 329, EA2009-98, pp. 31-36, 2009年12月.
資料番号 EA2009-98 
発行日 2009-12-04 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2009-12-11 - 2009-12-11 
開催地(和) NICT 
開催地(英)  
テーマ(和) 立体音響、一般(応用/電気音響) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2009-12-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音質改善のための直流成分を用いた音楽電子透かし法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Audio Watermarking Method by Using DC Component for Sound Quality Improvement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音楽電子透かし / Audio Watermarking  
キーワード(2)(和/英) 埋め込み多重化 / Multiple Embedding  
キーワード(3)(和/英) 直流成分 / DC Component  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 晴美 / Harumi Murata / ムラタ ハルミ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻原 昭夫 / Akio Ogihara / オギハラ アキオ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 基 / Motoi Iwata / イワタ モトイ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 汐崎 陽 / Akira Shiozaki / シオザキ アキラ
第4著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-11 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2009-98 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.329 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2009-12-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会