お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-11 14:30
アルゴリズム学習向け誤り発見型演習のためのカスタマイズ可能な問題自動生成システム
藤原 啓阪大)・長瀧寛之岡山大)・大下福仁角川裕次増澤利光阪大ET2009-86
抄録 (和) 本研究では,ソースコードで実装されているアルゴリズムに応じて問題生成手法をカスタマイズ可能な誤り発見型演習問題自動生成システムを提案する.ここで“誤り発見型演習”とは,ソースコードに含まれるアルゴリズム上の誤りを発見・修正し考察することで,アルゴリズムに関する知識を再確認することを目的とした演習である.本手法は,ソースコードへの誤りの挿入対象決定に関する処理を外部定義可能にすることで,ソースコードで実装されているアルゴリズムに応じて,誤り挿入の処理を動的にカスタマイズできるようにすることを狙う.本報告では,カスタマイズ用外部ファイルの構文と問題自動生成システムを紹介する.また本システムによって,アルゴリズムに対して既存研究よりもより多くの誤り挿入対象の決定が可能となることを確認できた. 
(英) In this study, we propose a customizable system for automatically generating ``error-correction exercises" in algorithm learning. The purpose of ``error-correction exercises" is to recheck the knowledge of algorithms by finding and correcting the error of source code. Our main goal is to enable us to customize an error position of each algorithm. Then we propose a method for enabling us to define the rule about the error position outside of the system. In this paper, we describe how to define the sentence structure of error-position outside of the system and confirm that an error position for each algorithm can be decided by the method we proposed.
キーワード (和) アルゴリズム学習 / 自動生成 / 誤り発見型演習 / カスタマイズ / / / /  
(英) algorithm learning / automatic generation method / error-correction exercises / customize / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 335, ET2009-86, pp. 199-204, 2009年12月.
資料番号 ET2009-86 
発行日 2009-12-04 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2009-86

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2009-12-11 - 2009-12-11 
開催地(和) 琉球大 
開催地(英) Univ. of the Ryukyus 
テーマ(和) 学習データの蓄積・分析・共有/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2009-12-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アルゴリズム学習向け誤り発見型演習のためのカスタマイズ可能な問題自動生成システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A customizable system for automatically generating error-correction exercises in algorithm learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アルゴリズム学習 / algorithm learning  
キーワード(2)(和/英) 自動生成 / automatic generation method  
キーワード(3)(和/英) 誤り発見型演習 / error-correction exercises  
キーワード(4)(和/英) カスタマイズ / customize  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 啓 / Kei Fujiwara / フジワラ ケイ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長瀧 寛之 / Hiroyuki Nagataki / ナガタキ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大下 福仁 / Fukuhito Ooshita / オオシタ フクヒト
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 角川 裕次 / Hirotsugu Kakugawa / カクガワ ヒロツグ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 増澤 利光 / Toshimitsu Masuzawa / マスザワ トシミツ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-11 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2009-86 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.335 
ページ範囲 pp.199-204 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2009-12-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会