お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-11 13:10
開口色モードと表面色モードにおける2色覚者の色名応答特性の比較
永井岳大小林昌知中内茂樹豊橋技科大NC2009-64
抄録 (和) 2色覚者のカテゴリカル色知覚に対する背景刺激の影響を調べるため,開口色モードと表面色モードにおける2色覚者の色名応答実験を行った.その結果,従来の知見と同様に表面色モードでは2色覚者も比較的安定して3色覚者と類似した色名応答特性を示したが,開口色モードでは表面色モードよりも色名応答が不安定となった.この結果は背景情報が2色覚者のカテゴリカル色知覚を安定させる働きを持つことを示唆している.ただし,開口色モードの結果においても2色覚者はある程度3色覚的な色名応答特性を示し,さらに2種類の錐体の応答だけではその色名応答特性は説明できなかった.このことから,2色覚者の色名応答には,2錐体以外から得た色情報も寄与すると考えられる. 
(英) We investigated effects of background stimuli on categorical color perception of dichromats (protanopes and deuteranopes) using categorical color naming experiments under the aperture and surface color appearance modes. In the results, the dichromats showed relatively robust color naming similarly to trichromats in the surface color mode as shown in previous research, while in the aperture mode color naming of the dichromats was less stable. These results suggest that background stimuli have a role in making categorical color perception of dichromats more stable. However, the dichromats showed trichromatic color naming properties even in the aperture color modes and the properties cannot be explained only by responses of two classes of cones, suggesting that some color information other than that from responses of dichromats’residual cones also support their color naming ability.
キーワード (和) 2色覚 / カテゴリカル色知覚 / 色の見えのモード / 色覚 / / / /  
(英) dichromacy / categorical color perception / color appearance mode / color vision / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 333, NC2009-64, pp. 7-12, 2009年12月.
資料番号 NC2009-64 
発行日 2009-12-04 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2009-64

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2009-12-11 - 2009-12-11 
開催地(和) 豊橋技術科学大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2009-12-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 開口色モードと表面色モードにおける2色覚者の色名応答特性の比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparison of color naming properties of dichromats in the aperture and surface color modes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 2色覚 / dichromacy  
キーワード(2)(和/英) カテゴリカル色知覚 / categorical color perception  
キーワード(3)(和/英) 色の見えのモード / color appearance mode  
キーワード(4)(和/英) 色覚 / color vision  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永井 岳大 / Takehiro Nagai / ナガイ タケヒロ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 昌知 / Masatomo Kobayashi / コバヤシ マサトモ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中内 茂樹 / Shigeki Nakauchi / ナカウチ シゲキ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-11 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2009-64 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.333 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2009-12-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会