お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-11 16:05
低消費電力・高効率1060nm面発光レーザ
岩井則広影山健生高木啓史今井 英川北泰雅平岩浩二清水 均築地直樹粕川秋彦古河電工LQE2009-151 エレソ技報アーカイブへのリンク:LQE2009-151
抄録 (和) 近年の情報量の増加に伴い,ボード間のデータ通信等において,光インターコネクションの普及が進んでいる.また,情報量の増加により,データセンターなどでは,低消費電力化のニーズが高まっている.今回我々は,波長1060nmを用い,素子構造にダブルイントラキャビティ構造を採用し,面発光レーザとしては世界最高の電力光変換効率62%を達成した.この構造は低光損失,低熱抵抗,低電気抵抗を実現することに適しており,2次元高出力面発光レーザアレイや超高速光インターコネクションへの応用が期待できる. 
(英) We achieved the recorded high power conversion efficiency of 62% with a double intra-cavity contacted system. This system would be superior to the low optical loss, thermal and electrical resistance especially, so that it should be the promising solution in 2D-high power VCSELs and also in ultra-high bit-rate optical interconnection systems with low power consumption .
キーワード (和) 1060nm / InGaAs量子井戸 / 面発光レーザ / 低消費電力 / 高効率 / 光インターコネクション / /  
(英) 1060nm / InGaAs-QW / VCSEL / Low power consumption / High efficiency / Optical interconnection / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 331, LQE2009-151, pp. 67-70, 2009年12月.
資料番号 LQE2009-151 
発行日 2009-12-04 (LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LQE2009-151 エレソ技報アーカイブへのリンク:LQE2009-151

研究会情報
研究会 LQE  
開催期間 2009-12-11 - 2009-12-11 
開催地(和) 機械振興会館 地下3階2号室 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 半導体レーザ関連技術,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2009-12-LQE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低消費電力・高効率1060nm面発光レーザ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High Efficiency 1060nm VCSELs for Low Power Consumption 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 1060nm / 1060nm  
キーワード(2)(和/英) InGaAs量子井戸 / InGaAs-QW  
キーワード(3)(和/英) 面発光レーザ / VCSEL  
キーワード(4)(和/英) 低消費電力 / Low power consumption  
キーワード(5)(和/英) 高効率 / High efficiency  
キーワード(6)(和/英) 光インターコネクション / Optical interconnection  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 則広 / Norihiro Iwai / イワイ ノリヒロ
第1著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric Co., LTD. (略称: Furukawa Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 影山 健生 / Takeo Kageyama / カゲヤマ タケオ
第2著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric Co., LTD. (略称: Furukawa Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 啓史 / Keishi Takaki / タカキ ケイシ
第3著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric Co., LTD. (略称: Furukawa Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 英 / Suguru Imai / イマイ スグル
第4著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric Co., LTD. (略称: Furukawa Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川北 泰雅 / Yasumasa Kawakita / カワキタ ヤスマサ
第5著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric Co., LTD. (略称: Furukawa Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 平岩 浩二 / Koji Hiraiwa / ヒライワ コウジ
第6著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric Co., LTD. (略称: Furukawa Electric)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 均 / Hitoshi Shimizu / シミズ ヒトシ
第7著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric Co., LTD. (略称: Furukawa Electric)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 築地 直樹 / Naoki Tsukiji / ツキジ ナオキ
第8著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric Co., LTD. (略称: Furukawa Electric)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 粕川 秋彦 / Akihiko Kasukawa /
第9著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric Co., LTD. (略称: Furukawa Electric)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-11 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-LQE2009-151 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.331 
ページ範囲 pp.67-70 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-LQE-2009-12-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会